理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が集うリハビリ情報サイト

PT-OT-ST.NET

学会研修会

2019.12.02掲載

第12回義肢適合支援のあり方研究会

一般的に、臨床で下肢切断の理学療法を経験することは稀であり、研修会や講習会の開催も極端に少ないのが現状です。
本研修会では、経験豊富な講師陣が、日頃臨床で生じる様々な疑問にお答えします。
下肢切断の理学療法の経験が少ない方でも、経験豊富な方でも、満足出来る内容となっております。
この機会にぜひ一度、下肢切断の理学療法に興味を持ってみませんか?

【開催スケジュール】
9:30~9:50
 オリエンテーション

9:50~10:50 
原 和彦(埼玉県立大学)
「明日からの臨床に活かす!下肢切断の基礎知識」

11:00~12:30
豊田 輝(帝京科学大学)
「切断患者への理学療法で困っていることを解決しよう」
 
13:30~14:50  
岩下航大(鉄道弘済会義肢装具サポートセンター) 
施設見学:治療場面,製作工場など

15:00~16:30
梅澤慎吾(鉄道弘済会義肢装具サポートセンター)「義肢適合支援の実践(急性期から生活期の支援)」
※各講演時間内では適宜ファシリテータを入れたグループディスカッション,切断者支援に関する Q&Aを行います.

管理No:70828閲覧回数:1096回この情報を印刷する

研修会詳細

主催
専門リハビリテーション研究会 補装具研究部会
開催日時
2020年2月1日(土)受付 9:00~[1Fロビー]
9:30~16:30
開催地
〒116-0003 東京都荒川区南千住4-3-3
JR常磐線 南千住駅下車 徒歩1分
東京メトロ日比谷線 南千住駅(北口)下車 徒歩1分
つくばエクスプレス 南千住駅下車 徒歩1分
講師
原 和彦(埼玉県立大学),豊田 輝(帝京科学大学),梅澤慎吾(鉄道弘済会義肢装具サポートセンター),岩下航大(鉄道弘済会義肢装具サポートセンター)
費用
4,000円
定員
40名
対象
ホームページ

お問い合わせ・お申し込み

専門リハビリテーション研究会ホームページより、
「第12回義肢適合支援のあり方研究会」申し込み方法をご確認の上、ご連絡ください。
http://smrk.sakura.ne.jp/index.html

このセミナー情報をシェアする
ページ上部へ戻る