理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が集うリハビリ情報サイト

PT-OT-ST.NET

学会研修会

New
2019.12.04掲載

脳卒中片麻痺患者の歩行を変える6つの戦略 IN 博多

MStにおける股関節機能の重要性~立脚期の安定性における股関節機能への治療介入~

脳卒中患者様の歩行機能獲得に向けて、重要かつ臨床場面で最も引き出すのが難しいのが、この立脚中期(M.St)での重心を持ち上げを維持するためのフェーズではないでしょうか?

正常歩行においては、この時期では重心が最も高く移動し、
そして片脚立位の肢位となることで支持基底面の狭小化により不安定性をより引き起こしてしまいます。

その時にどういったことを歩行場面では評価して、不安定性が生じる際にはどういった治療介入をしていく必要があるのでしょうか?


立脚中期では反対側の下肢の遊脚が起こり、片脚立位の支持となるためこの時にバランスを崩したり、体幹ないし股関節が屈曲位に崩れる場面が非常に多くなります。

では、治療としては平行棒などを把持したステップ練習などで、片脚立位の安定性をただ求めれば良いのでしょうか?

実際の患者様では、平行棒を把持した片脚立位での重心移動や支持性が高まったとしても、歩き出すとまた歩容が崩れるということを非常に多く経験します。
では、その際の問題点はと考えると、中殿筋や大殿筋にフォーカスを絞ると思うのですが、それぞれの筋が立脚中期の何を制御し、何を生み出しているのか、まずはこの理解がかなり重要になります。

そして、問題点があがっていても、なぜそれに対して治療を実施しても歩容に中々反映されないのでしょうか?

実は、そういった現象が生じている際には、まず歩行の原理原則を理解することが重要になります。

歩行中では実際に重心はどう移動しているのか、重心移動の際にどのように筋活動や関節運動を伴うことで歩行の立脚中期がコントロールされているのか?

そして、なぜそれが患者様は阻害しているのかの原因追及も重要となってきます。

今回のセミナーでは、実際の歩行中の重心変化に対して理解を深めながらを、その後に体幹や股関節を支えるための筋活動をどのように高めていくべきかを実技の中でお伝えしたいと思います。

そして、脳機能の障害がなぜそれを阻害しているのかの原因追及も合わせて行うことで、治療に関するバリエーションや応用できることを増やしていきたいと思います。

今年の歩行セミナーではシリーズ化を通して『歩行の治療の一連の流れが理解できる』ための話を中心にしています。

1~3回目の歩行セミナー不参加の方でも、前半に振り返りの時間を設けていることで、歩行の各フェーズのつながりについてお伝えしていきます。

是非皆様のご参加お待ちしています。

≪内容≫
・歩行分析に必要な脳とバイオメカニクスの関係性
・立脚中期に至るまでの大腿部への治療介入(前回の復習)
・なぜ立脚期に股関節伸展が必要になるのか
・片脚立位とは異なる立脚中期のコントロール
・股関節機能を高める治療戦略

≪こんな人におすすめ≫
・歩行に関する基礎的な理解が不十分
・歩行分析がとにかく苦手な人
・歩行の何を見たらよいかがわからない
・いつも同じような問題点抽出や治療介入となる
・他の勉強会に行ったけど難しかった人
・もっと患者様を良くしたいと思っている人

日程:12月15日(日)10:00~16:30(受付:9:30~)
会場:福岡教育会館 第3会議室
講師:脳外臨床研究会 中上 博之
受講料:6000円 (税込)
*カラー資料ご希望の場合は別途1,000円頂戴致します。
定員:30名(残り5名程度)
HP詳細:https://nougerinsyou.com/hakatagait4/

管理No:70857閲覧回数:305回この情報を印刷する

研修会詳細

主催
脳外臨床研究会
開催日時
2019年12月15日(日)
開始時間:10:00~16:30(受付:9:30~)
開催地
〒812-0054 福岡県福岡市東区馬出4丁目12番22号福岡教育会館 第3会議室
地下鉄のご利用 箱崎宮前下車 1番出口より徒歩1分
西鉄バスのご利用 箱崎バス停より 徒歩1分
お車でお越しの際 会館裏のコインパーキングをご利用ください。
講師
中上博之
費用
6000円(税込)*当日セミナー会場にてお支払い下さい。
*カラー資料ご希望の場合は別途1,000円頂戴致します。

*開催日含む8日前よりキャンセル料が発生致します。
詳細は当HPのキャンセルポリシーページをご参照ください。
定員
30人(残り5名程度)
対象
理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、医療従事者
ホームページ
https://nougerinsyou.com/hakatagait4/

お問い合わせ・お申し込み

下記お問い合わせフォームよりお申込みください。

このセミナー情報をシェアする

このセミナーを見た人はこんなセミナーも見ています

ページ上部へ戻る