理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が集うリハビリ情報サイト

PT-OT-ST.NET

学会研修会

資料有 ピックアップ
2020.01.08掲載

整形外科で明日から使える脊柱アプローチセミナー

10年間磨き続けた技術を、明日から使える評価・アプローチで伝えます。

脊柱は上下で常にバランスをとりながら、私たちの身体活動を支えてくれています。しかし、基盤となる骨盤や腰椎に可動域の低下が生じると頸椎まで影響を及ぼすこととなります。本セミナーでは脊柱全体の捉え方と、日常生活で困る痛みとの関係性について講義を進めていきます。、

<講義内容>
・脊柱の構造、椎体の動きのポイント
・脊柱のバランス
・体の動きと重心移動の関係
・脊柱と神経絞扼の問題
・評価:骨盤の傾きと頸椎の関係性、座位バランスと頸椎の可動性、椎体の捻じれ、筋力と感覚評価、肋間の間隙、頸椎〜腰椎全体の可動性
・アプローチ:体幹遠心性トレーニング、椎体の捻じれ矯正、頸椎〜腰椎のモビライゼーション、座位での重心移動、コーディネーショントレーニング(全身運動)、肋間のモビライゼーション


<今回の学びで対応できる症状>
・頸部痛
・体幹の動作時に生じる疼痛
・神経根の圧迫による筋力低下・感覚低下

<当研究会で多い参加者>
・臨床経験1〜3年目
・はじめて勉強会に参加する
・理学療法士、作業療法士

<参加者からの感想>
・やわらかいアプローチで結果がでるので驚きました。
・実技が中心なので、さっそく明日からも使えそうです。
・実技をしながら解説してくれるので、理解がしやすい。

<講師>
田中 佳紀(きむらてつや整形外科内科 科長)
 理学療法士歴10年目
 日本理学療法士協会 東京都目黒区支部支部長
 書籍:理学療法・作業療法のための実践BiNI Approch:寝返り、呼吸器疾患担当

管理No:71549閲覧回数:539回この情報を印刷する

研修会資料

研修会詳細

主催
埼玉臨床研究会
開催日時
3月1日(日)10:00~17:00
開催地
〒152-0035 東京都目黒区自由が丘2-14-181階
きむらてつや整形外科内科(自由が丘駅より徒歩3分)
講師
田中佳紀(埼玉臨床研究会 代表)
費用
10000円
定員
15名
対象
理学療法士、作業療法士、柔道整復師
ホームページ
http://saitamarinsyou.jimdo.com

お問い合わせ・お申し込み

主催団体

全登録研修会を見る

このセミナー情報をシェアする
ページ上部へ戻る