理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が集うリハビリ情報サイト

PT-OT-ST.NET

学会研修会

2020.01.15掲載

脳画像のリハビリテーションへの活用~画像から考える臨床症状とアプローチ~東京会場~

本当に画像所見から根拠をもってアプローチしていますか?

講師:阿部 浩明 先生
   一般財団法人広南会 広南病院 リハビリテーション科総括主任・理学療法士


【ねらい】
・本セミナーの前編となる「脳画像を理解するための脳の機能解剖と脳画像の基礎知識」にて説明した皮質に関わる基礎知識を活かすため、脳画像を活用する上で欠かすことのできない白質線維と脳血管の走行を中心とした脳解剖学的基礎について説明します。
・画像を読むトレーニングや実際の症例を提示し、具体的な臨床での脳画像の活用方法やリーズニングについて提示します。


【講義概要】
中枢神経疾患においては、運動障害が観察される上肢や下肢に直接的な損傷があるわけではありません。
しかし、実際の臨床では運動学的所見の評価が中心になることが多く、損傷した脳そのものに眼を向けて治療プログラムを立案する事は多くない印象があります。
損傷した脳そのものを評価の対象に含める事、すなわち、脳画像情報を評価に取り入れる事とは、機能・能力的側面から得た情報を、脳機能を含めて解釈する事に他なりません。

リハビリテーションにおいて脳画像を活用する意義は、評価の精度を高め、治療的介入をより的確なものとすることにあります。
このセミナーは、前編となる『脳画像を理解するための脳の機能解剖と脳画像の基礎知識』で学んだ大脳の皮質の解剖の知識を基礎とし、それらを連絡する白質の走行と、白質の損傷によって出現することが予想される障害及び症候を把握します。

具体的には、運動麻痺や感覚障害の出現が把握できるようトレーニングし、その上で、高次脳機能障害と神経白質損傷の関係性について学びます。
また、栄養血管について学びます。脳の栄養血管の走行と支配領域を学ぶことで脳梗塞の症状の把握がより具体的なものとなります。
さらに、複数例の画像所見から脳画像を活用するトレーニングを行い、実際の臨床での活用事例を紹介します。

本セミナーは、前編『脳画像を理解するための脳の機能解剖と脳画像の基礎知識~脳画像を理解するために習得すべきこと~』の知識が習得されていることを前提とした内容になることにご留意ください。


【プログラム】
<前半>
 1.なぜ脳画像を活用した方がいいのか?
 2.白質線維の走行
 3.各種伝導路の走行と水平断面での解剖

<後半>
 4.画像から捉える高次脳機能障害
 5.脳血管の走行と栄養領域の把握
 6.画像をみるトレーニング
 7.活用事例の紹介

※プログラムは追加・変更になる場合がございます。

【必要準備】
・三色以上のカラーペン、または 色鉛筆

【本セミナーについて】
事前に『 脳画像を理解するための脳の機能解剖と脳画像の基礎知識
~脳画像を理解するために習得すべきこと~ 』のご受講を推奨致します。

以前、弊社が開催致しました
「 脳画像のリハビリテーションへの活用
   -中枢神経疾患による障害を理解するための脳解剖学知識の整理- 」
を受講された方は、「再受講割引」でのご参加が可能です。

管理No:71671閲覧回数:628回この情報を印刷する

研修会詳細

主催
株式会社gene
開催日時
2020年6月14日(日)
10:00~16:00(受付9:30~)
開催地
〒104-0032 東京都中央区八丁堀
アットビジネスセンター東京駅八重洲通(八重洲通ハタビル5階 501号室)
講師
阿部 浩明 先生
費用
12,800円(税込)
※当日会場にてお支払い下さい。
※開催日を含め7日前の午前8時からのキャンセルについては、キャンセル料(受講料全額)が発生いたします。
定員
対象
理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・その他
ホームページ
https://www.gene-llc.jp/seminar_info/?id=1578724374-473952

お問い合わせ・お申し込み

※※お申込は、上記URLよりお手続きください※※

【お問い合わせ先】
 株式会社gene セミナー事業部門
 担当 セミナーチーム

〒461-0004
名古屋市東区葵1-26-12 IKKO新栄ビル6階
TEL 052-325-6611
FAX 050-3852-1905
E-mail seminar@gene-llc.jp

このセミナー情報をシェアする

このセミナーを見た人はこんなセミナーも見ています

ページ上部へ戻る