理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が集うリハビリ情報サイト

PT-OT-ST.NET

学会研修会

2020.01.18掲載

「その人らしさを」考える!認知症のある方へのリハビリテーション~基本的コミュニケーションの考え方 -ADL・IADL支援、終末期のQOLまで~福岡会場~

「生きがい」「人間らしさ」を追求しながら最期まで認知症の人のQOLを大切にできるようになる

講師:松下 太 先生
   森ノ宮医療大学 保健医療学部 作業療法学科 教授・作業療法士


【ねらい】
専門職として、共感的理解をベースとしたコミュニケーションが実践でき、認知症の人の生活障害を改善する視点を持ってアプローチし、「生きがい」「人間らしさ」を追求しながら最期まで認知症の人のQOLを大切にできるようになる


【講義概要】
本セミナーでは、認知症の病型や症状に関する最新の情報から、認知症の人に対するコミュニケーション方法や、認知症の人のADL・IADLにおいて残存能力を活かし発揮するための介入方法、そして重度認知症の人に対するアプローチについて学びます。

認知症疾患がメインの対象疾患ではない急性期や回復期病院に勤務されているセラピストの方にも役に立つ内容となっておりますし、多職種によるチームケアとして展開する認知症の人へのケアやリハビリテーションという意味では、セラピストのみならず介護職の方々にもご参加いただけるセミナーです。


【プログラム】
1 認知症の基礎知識
  -病型、症状のトピックスを中心に-
2 パーソン・センタード・ケアとリハビリテーションとは?
  -「その人らしさ」中心のリハビリテーション-
3 認知症の人の評価
  -行動を脳内機序とナラティブから理解する-
4 認知症の人の生活行為に対するケアおよびリハビリアプローチ
  -脳内機序や手続き記憶を考慮したアプローチ-
5 認知症の人に対する非薬物療法
  -「認知」「刺激」「行動」「感情」「環境」に焦点を当てたアプローチ-
6 重度認知症の人への五感を刺激するリハビリテーション
  -「感覚刺激」に働きかけるアプローチの具体例-
7 認知症が重度であっても「その人らしさ」を取り戻すケアとリハビリテーション
  -笑顔を引き出し最期まで「人間らしく生きる」の実践!-

※プログラムは追加・変更になる場合がございます。

【本セミナーについて】
ペアまたはグループにて簡単なワークを行いますので、あらかじめご了承ください。
※座席の指定はございません。

管理No:71707閲覧回数:443回この情報を印刷する

研修会詳細

主催
株式会社gene
開催日時
2020年6月21日(日)
10:00 ~ 16:00 (受付9:30 ~)
開催地
〒810-0004 福岡県福岡市中央区渡辺通2-1-82電気ビル共創館
電気ビル共創館 3階 B会議室
講師
松下 太 先生
費用
12,800円(税込)
※当日会場にてお支払い下さい。
※開催日を含め7日前の朝8:00以降からのキャンセルについては、キャンセル料(受講料全額)が発生いたします。
定員
対象
理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・その他
ホームページ
https://www.gene-llc.jp/seminar_info/?id=1579241561-770954

お問い合わせ・お申し込み

※※お申込は、上記URLよりお手続きください※※

【お問い合わせ先】
株式会社gene セミナー事業部門
担当 セミナーチーム

〒461-0004
名古屋市東区葵1-26-12 IKKO新栄ビル6階
TEL 052-325-6611
FAX 050-3852-1905
E-mail seminar@gene-llc.jp

このセミナー情報をシェアする

このセミナーを見た人はこんなセミナーも見ています

ページ上部へ戻る