理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が集うリハビリ情報サイト

PT-OT-ST.NET

学会研修会

New
2020.01.28掲載

『動作が与える食べることへの影響』実践セミナー

~ちょっとした食事動作の工夫が食べる意欲と嚥下を変える~

【受講へ一言】
食べられるようになる効率的な食事動作、エビデンスに基づいた食事動作にすごく興味があり、可能性を感じています。

【内容】
なぜ、うまく食べられないのか?
なぜ、むせてしまうのか?
本当にその人は効率的に食事が出来ているのでしょうか?
その答えは食事動作にあるかもしれません。

食事動作を改善することは、その人の食べる楽しみに大きく影響を及ぼします。
当たり前だと思っていた食事動作を見直し、評価し、改善することで、安心・安全な食事ができるようになります。

本セミナーでは、エビデンスに基づいた食事動作の評価と日常生活動作の視点から食事動作の改善を実践的に習得します。


【講師】
臼井 悠 氏(作業療法士)
介護老人保健施設デンマークイン


【プログラム】
●作業療法と食事動作とは
●食べられてる人の食事動作を見る重要性
●動作によって食事の意欲と嚥下が変わる
●事例から学ぶ。ワーク。

質疑応答


【対象・参加費等】
[定員]
20名限定

[対象]
看護師・ケア従事者および食支援に興味あるすべての方へ

管理No:71905閲覧回数:119回この情報を印刷する

研修会詳細

主催
株式会社WinWin
開催日時
2020年4月4日(土) 10時00分-12時30分
開催地
〒160-0022 東京都新宿区新宿1―5-4 YKBマイクガーデン東京在宅サービス 3階 301会議室
[場所]
東京在宅サービス 3階 301会議室

[最寄駅]
東京メトロ丸ノ内線「新宿御苑前」徒歩3分
講師
臼井 悠
費用
[参加費] 5,500円
定員
20
対象
看護師・ケア従事者および食支援に興味あるすべての方へ
ホームページ
https://winwin-japan.com/seminars/move-eat44/

お問い合わせ・お申し込み

主催団体

これからの研修会

全登録研修会を見る

このセミナー情報をシェアする

このセミナーを見た人はこんなセミナーも見ています

ページ上部へ戻る