理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が集うリハビリ情報サイト

PT-OT-ST.NET

学会研修会

ピックアップ
2020.02.18掲載

『歩行の診かた~基礎から臨床応用まで~』実技セミナー

理学療法を行う上で「歩行」を対象とする機会は非常に多い。評価においては歩行分析を行うことによって様々な身体機能的情報を得ることができ、臨床推論に基づいた理学療法効果の判定としても使用することができる。しかし、実際は歩行をどのように診たらよいのか捉えたら良いのかがわからず、現象に対して対処的なアプローチを行っているのが現状である。歩行時に股関節伸展が減少している患者さんに対して股関節伸展ROMや股関節伸展筋の筋力訓練をおこなっても、歩行時の股関節伸展減少の改善方法には繋がらないばかりか、反対にさらなる股関節伸展の減少という結果になってしまう場合もある。今回の講義では歩行の基礎から臨床推論の検証方法および解釈、良い変化を引き出す方法について解説する。
【セミナー内容】
●歩行の評価方法
「何が良い歩行なのか」を臨床的視点から事例を交えて解説する。効率的な歩行を獲得するための評価手段を説明する。また、早期離床や歩行獲得のための評価手段もあわせて解説する。

●治療への展開
歩行獲得および変化させようとするときには正常を基準にして、矯正という観念で治療を展開しても結果はでない。例えば膝屈曲増大している歩容を変化させようとしても、膝伸展運動を行うと余計に膝が屈曲してくるといったことは臨床上多く見受けられる。反対に膝屈曲運動を行うことで結果として膝伸展が生じてくることも多い。その患者さんにどのような運動や治療が適切なのかを評価する手段と、その解釈について実技を交えて説明する。

【到達目標】
1.歩行と関節モーメントの基礎を理解する
2.臨床的視点から「良い歩行」の基準を掴む
3.患者さん個人個人において効率的な歩行獲得のための運動療法の方向性を理解する。

管理No:72334閲覧回数:321回この情報を印刷する

研修会詳細

主催
動きと痛みLab
開催日時
2020年5月30日(土)10:00-16:00
開催地
〒216-0033 神奈川県川崎市宮前区宮崎2-7-51リーセントパレス宮崎203
(株)運動と医学の出版社セミナールーム(東急田園都市線宮崎台駅徒歩3分)
講師
費用
15,000円
定員
先着順で受付けております。
対象
ホームページ
https://ugoitalab.com/

お問い合わせ・お申し込み

主催団体

これからの研修会

  • 2020.05.17(東京都)

    『治療11カ月待ちの理学療法士が行って… 『治療11カ月待ちの理学療法士が行っている…

  • 2020.05.30(神奈川)

    『歩行の診かた~基礎から臨床応用まで~… 『歩行の診かた~基礎から臨床応用まで~』実…

  • 2020.05.31(神奈川)

    『顎関節及び口腔の診方とアプローチ~セ… 『顎関節及び口腔の診方とアプローチ~セラピ…

  • 2020.06.06(神奈川)

    『リハビリテーションに必要な顎関節の知… 『リハビリテーションに必要な顎関節の知識と…

  • 2020.06.07(東京都)

    コラボセミナー「肩関節を手術から術後の… コラボセミナー「肩関節を手術から術後のリハ…

  • 2020.06.14(東京都)

    「4スタンス理論における姿勢と動作の改… 「4スタンス理論における姿勢と動作の改善方…

  • 2020.06.20(神奈川)

    『腰椎椎間板ヘルニアの病態理解と坐骨神… 『腰椎椎間板ヘルニアの病態理解と坐骨神経症…

  • 2020.06.21(神奈川)

    『腰椎椎間関節障害と仙腸関節障害に対す… 『腰椎椎間関節障害と仙腸関節障害に対する評…

  • 2020.06.28(東京都)

    『大腿骨頸部・転子部骨折の予後予測~歩… 『大腿骨頸部・転子部骨折の予後予測~歩行開…

  • 2020.07.04(神奈川)

    『エビデンスに基づく腰痛の評価と治療~… 『エビデンスに基づく腰痛の評価と治療~どの…

  • 2020.07.05(東京都)

    『エビデンスに基づくTHA・TKA術後… 『エビデンスに基づくTHA・TKA術後リハ…

  • 2020.07.12(東京都)

    「機能解剖学からみた投球障害肩の病態解… 「機能解剖学からみた投球障害肩の病態解釈と…

  • 全登録研修会を見る

    このセミナー情報をシェアする

    このセミナーを見た人はこんなセミナーも見ています

    ページ上部へ戻る