理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が集うリハビリ情報サイト

PT-OT-ST.NET

学会研修会

ピックアップ
2020.03.24掲載

股関節 マスターコース《新型コロナウイルスが落ち着くまで延期させていただきます》

股関節の基礎から臨床応用 《新型コロナウイルスが落ち着くまで延期させていただきます》

《新型コロナウイルスが落ち着くまで延期させていただきます》

【コンセプト】

『股関節を制する者は体を理解できる』

というと少し誤解されるかもしれませんが、
股関節は体の中心に存在する骨盤に隣接しており、
座るときも歩くときも常に身体を支える基盤となる関節です

セラピストにとって坐位姿勢の獲得や歩行の自立は目指すところの必須項目です
その基盤である股関節を基礎から臨床応用までしっかりと理解できるコースとなっております

・股関節を学びたい、もっと知りたい
・何か武器が欲しい
・股関節から臨床を組み立てたい
・もう一度股関節を基礎から学びたい
・動作を改善させたい

という方には確実に受講して良かったと感じて頂けます!

【股関節だけ勉強しても・・】

普段股関節疾患の方を対応しない
股関節もそうだけど全身を学ばないといけないのでは?

当たり前の疑問です

講師は実際に股関節の勉強から臨床家としてスタートしており
実際に股関節から臨床を組み立てています

・腰痛、肩痛、膝痛
・脳卒中
・骨折
・難病
・変形性関節症 等

いろいろな疾患や怪我を患った方をセラピストは対応してきますが、
痛みをとっても動作を変えないとまた元通りになります
日常生活で「立つ、歩く、座る」では必ず股関節は使用されます
もちろん他の関節もそうですが、股関節の機能を何かで代償、補償することは難しく必ず機能的な問題生まれます

股関節から身体の繋がりを考えることは決して間違いではない一つの方法です!

【内容・日程】《新型コロナウイルスが落ち着くまで延期させていただきます》
第一回:股関節の機能と構造
第二回:股関節が隣接関節に与える影響
第三回:股関節疾患に対する手術方法とリスク管理
第四回:股関節疾患患者が悩む退院後在宅生活での課題
第五回:股関節に対する徒手療法
*全て日曜日 10:00-16:00

【講師】
横溝 直樹 理学療法士

新人のころより人工関節センター等で股関節疾患患者を対応。
急性期から在宅まで股関節疾患患者のスペシャリストとして活動中。

【詳細】HP参照ください
https://aoba-reha-seminar.jimdo.com

【料金】
ペア割:32000円/人
個人:37000円/人

【開催場所】
神奈川県横浜市青葉区すすき野2-6-10
青葉リハビリセンター

Facebookページでも情報を発信しています。
興味があればフォロー等よろしくお願い致します!
https://facebook.com/aobareha

管理No:72906閲覧回数:659回この情報を印刷する

研修会詳細

主催
青葉リハセミナー
開催日時
第一回:股関節の機能と構造
第二回:股関節が隣接関節に与える影響
第三回:股関節疾患に対する手術方法とリスク管理
第四回:股関節疾患患者が悩む退院後在宅生活での課題
第五回:股関節に対する徒手療法
*全て日曜日 10:00-16:00
開催地
〒225-0021 神奈川県横浜市青葉区すすき野2-6-10サンオータムビル1F
東急田園都市線「あざみ野」駅下車後、バス「すすき野一丁目」下車後徒歩5分
講師
横溝直樹
費用
ペア割:32000円/人
個人:37000円/人
定員
16名
対象
理学療法士、作業療法士、柔道整復師、鍼灸マッサージ師、その他興味があればどなたでも参加可能です
ホームページ
https://aoba-reha-seminar.jimdo.com

お問い合わせ・お申し込み

詳細はホームページをご参照下さい。

このセミナー情報をシェアする

このセミナーを見た人はこんなセミナーも見ています

ページ上部へ戻る