理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が集うリハビリ情報サイト

PT-OT-ST.NET

学会研修会

New
2020.05.22掲載

骨折型・術式から考える大腿骨近位部骨折例に対する理学療法(オンラインセミナー)

全国どこからでも参加可能

【ZOOMオンラインセミナー】
高齢化に伴い,大腿骨近位部骨折の発生は加速度的に増加しております.急性期・回復期・生活期といったどの病期においても,理学療法士が大腿骨近位部骨折例に関わる機会は多いと思います.大腿骨近位部骨折例に対して効果的な理学療法を提供するためには,大腿骨近位部骨折の病態を理解し,術式の特徴を理解することが重要です.本セミナーでは新人・若手・中堅理学療法士を対象に,骨折型・術式を考慮した大腿骨近位部骨折例に対する理学療法について理解を深めていただくことを目標とします.



セミナーのアウトライン

・大腿骨頸部骨折と大腿骨転子部骨折の違い

・大腿骨頸部骨折に対する術式別侵襲組織と起こりやすい機能低下

・人工骨頭置換術後の易脱臼性をX線から読み取る

・人工骨頭置換術後の脱臼予防のための過剰な日常生活指導が危険

・人工骨頭置換術後の股関節屈曲時の鼠径部痛の原因は?

・屈曲可動域不良例が靴下着脱動作を獲得するには?

・大腿骨転子部骨折に対する術式別侵襲組織と起こりやすい機能低下

・大腿骨転子部骨折のX線では内側骨皮質の連続性・小転子骨片転位の有無を確認しよう

・大腿骨転子部骨折のX線では骨片の内外側転位に着目しよう

・大腿骨転子部骨折後のスライディングってどうやって評価するの?

・大腿骨頸部・転子部骨折例の疼痛に対するアプローチ

・大腿骨頸部・転子部骨折例に対する筋力トレーニングは不要?

・「筋力低下=筋力トレーニング」はあまりにも短絡的

・大腿骨頸部・転子部骨折後の跛行に対するアプローチ

・大腿骨頸部・転子部骨折例における目標設定の考え方

管理No:73413閲覧回数:164回この情報を印刷する

研修会詳細

主催
合同会社アズユー プラスワンセミナーズ
開催日時
2020年6月26日(金)19時~20時30分
開催地
〒756-0835 山口県山陽小野田市セメント町6-2太陽ビルテナント3
オンラインセミナーですZOOMを使用します。URLは申し込み後ご連絡いたします。
講師
川端 悠士
費用
3300円(消費税込み)
定員
30名
対象
理学療法士、作業療法士等
ホームページ
https://plusone-seminers.jimdofree.com/

お問い合わせ・お申し込み

申し込みはプラスワンセミナーズホームページよりお願いします。

このセミナー情報をシェアする

このセミナーを見た人はこんなセミナーも見ています

ページ上部へ戻る