理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が集うリハビリ情報サイト

PT-OT-ST.NET

学会研修会

New
2020.05.23掲載

脳卒中片麻痺に対する基盤的評価とアプローチ オンラインコース

3ヶ月で動作の基盤となる「姿勢」に対して評価ができるスキルを身につける

≪≪オンラインコース概要≫≫

「姿勢制御の評価と介入方法を解剖学、生理学、運動学などの基礎学問それぞれの観点から学び、段階的かつ反復した実技プログラムで動作の基盤となる姿勢に対しての評価・アプローチができるスキルを身につける」


歩く、食事をする、お風呂に入るなど、人が活動するためにはその活動に応じた姿勢や動作を行う必要があります。

我々セラピストにとって、この姿勢と動作を評価することは患者さんの目標を達成するために必要不可欠ですが、これらは数字で表すことが難しく、質的な評価であるため、知識と経験が重要となります。

その為、若手セラピストが脳卒中のリハビリを行う場合に、麻痺側随意性低下、筋緊張亢進、注意障害、歩行困難など片麻痺患者さんならば大体の人が当てはまる問題点の列挙に留まってしまい、どんな患者さんにでも同じ様な介入を行ってしまったり、毎日同じ訓練メニューを繰り返し行ってしまう現状があります。

言い換えると、質的な評価を習得できると、患者さんの症状に合わせた個別的なリハビリテーションが展開できます。


オンラインコースでは3ヶ月(6日間)かけて

・解剖学、運動学、神経生理学、運動連鎖など多角的な分野から姿勢コントロールの評価を学ぶ

・脳卒中後遺症者の座位での主要問題を神経生理学、運動学、運動連鎖からの観点から紐解く

にて質的な姿勢制御を評価の習得を目指します。


単なるアプローチ方法の習得ではなく、患者さんの身体の使い方が良い状態なのか、非効率な状態なのか、どこに問題があるのかを把握できる様になり介入を行っていく上で改善しているかの判断指標ともなってきます。

今後どのようなアプローチ法やテクニックを学ぶとしてもオンラインコースで学べる基盤的な評価は脳卒中のリハビリテーションを行う上で一つの指針となるでしょう。


≪≪オンラインセミナーの3つの特徴≫≫
当団体の「姿勢と動作の基盤的な評価と介入」を学べるBASICコースのオンライン版です。

1.オンラインでも知識の獲得、技術の習熟を目指した構成
・実技時間として「評価の動きの実体験」と「触診」「視診」を多く設けて、評価手法の習得を目指す
・隔週のセミナー開催によりセミナー→臨床→セミナーで学びを深めることができる

2.BASICコースに沿った内容で評価手法の習得までを目指す
BAICコースの講義、および評価に特化した内容を学べる

3.今後BASICコースお申し込みの場合は実質受講料無料
オンラインコースを受講した場合、今後該当するBASICコースをお申し込みの際に、オンライン受講料分を差し引いた金額で受講が可能となります。


≪≪オンラインコース詳細≫≫
リンク先にてそれぞれのセミナーにて何を学ぶことができるか、講義の詳細を紹介しています。

【神経生理学オンライン編】
→https://ccrajapan.jp/seminor/online/nerve/

【運動学オンライン編】
→https://ccrajapan.jp/seminor/online/kinetics/

【運動連鎖オンライン編】
→https://ccrajapan.jp/seminor/online/kinetic_chain/

≪≪BASICコース≫≫
オンラインコースを学んだ後、Basicコースを受講する場合、オンラインコース受講料分を割引した金額で受講が可能です。
BASICコースではオンラインコースで学んだ評価の実練習や姿勢コントロールに対してのアプローチ方法を多数学ぶことができます。

BASICコースの詳細は
→https://ccrajapan.jp/seminor/basic/

管理No:73415閲覧回数:159回この情報を印刷する

研修会詳細

主催
脳卒中包括的リハビリテーションアプローチ
開催日時
神経生理学オンライン編 1日目:6/14(日) 2日目:6/28(日) 両日10:00-13:00
運動学オンライン編   1日目:7/12(日) 2日目:7/26(日) 両日10:00-13:00
運動連鎖オンライン編  1日目:8/9(日)  2日目:8/23(日) 両日10:00-13:00
開催地
〒107-0052 東京都港区赤坂HF溜池ビルディング1F(配信場所であり、受講場所自体はご自宅やご自身の職場などでの受講となります)
・zoomを利用したセミナーとなります、事前にzoomのアカウント登録(無料)を推奨いたします
・タブレット、スマートフォンでも受講可能ですが、ホワイトボードの文字や動作を見る際に、画面の大きいパソコンでの受講を推奨いたします
・家庭用インターネット回線、モバイルwifi,スマートフォン本体などの通信回線をご準備ください、通信容量制限や速度制限がある契約プランの場合はご利用状況により遅延が発生する場合がありますのでご留意ください
講師
費用
オンラインコース6日間:15000円
定員
30
対象
理学療法士・作業療法士・言語聴覚士
ホームページ
http://ccrajapan.jp/

お問い合わせ・お申し込み

お申し込み希望の方は下記の「お申し込み・お問い合わせ」ボタンから
※本コースお申し込みにてオンラインセミナーの神経生理学編、運動学編、運動連鎖編の申し込みが完了いたします。

セミナーに関してのお問い合わせはこちらから
http://ccrajapan.jp/contact/

このセミナー情報をシェアする

このセミナーを見た人はこんなセミナーも見ています

ページ上部へ戻る