理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が集うリハビリ情報サイト

PT-OT-ST.NET

学会研修会

New
2020.05.23掲載

脳卒中片麻痺に対する基盤的評価とアプローチ~運動連鎖オンライン編~

「姿勢」と「動作」を結びつける運動連鎖について理解することで姿勢の評価から動作の評価・介入へと発展させる方法を学ぶ

≪≪運動連鎖オンライン編概要≫≫

姿勢や動作の基盤となる「姿勢コントロール」は様々なシステムが影響しあって成り立っています。運動連鎖編では運動連鎖の視点から姿勢コントロールを紐解き、動作動作分析の下地や質的な介入方法を身につけていく構成となっています。


「運動連鎖」という言葉はよく聞きます。例えば関節同士のつながり、または筋膜のつながりなどが代表的です。

しかし運動連鎖を元に分析し介入する為にはこれらを全て覚えれば大丈夫か、と言われれば実はそうではありません。臨床で患者さんに関わる際にはあくまで参考資料的な役割です。※もちろん参考資料的な役割として十分に有効です。

なぜ全て覚える事が適切ではないか、それは運動連鎖のパターンは無数にあるということです。無数にある運動連鎖を全て覚える。非現実的であることがわかります。どのように運動連鎖を考えればよいか、トップダウンでのアプローチで考えてみましょう。トップダウンのアプローチとは手で「感じる」ということです。

患者さんの姿勢や動作の分析の際、実際に手で触ることで患者さんの身体の内部でどのような連鎖が起こっているのか、どこで連鎖が途切れているのかを感じ取ることができます。

ただ、やみくもに触るだけでは感じ取ることは難しいです。停電してもブレーカーを復旧する際に、たどり着けるのは家の間取りや構造を理解しているからです。身体にも同じことが言え、身体の機能・構造を理解することで、目に見えない身体の内部の反応を手で感じ取ることができます。


セミナーでは2日間で身体の機能・構造を学びながら、運動連鎖を感じ取る練習を行っていきます。また連鎖が成立しているか、していないかの評価や姿勢コントロールとの関係性について学ぶことができます。


≪≪運動連鎖オンライン編セミナー内容≫≫

・中枢神経系の障害、運動連鎖の仕組みとは(講義)

・運動連鎖から紐解く座位姿勢、姿勢コントロールの評価方法(実技)

・脳卒中後遺症者の座位での主要問題〜運動連鎖からの理解〜(講義・実技)

セミナーのより細かな内容紹介は以下をご参照ください
https://ccrajapan.jp/seminor/online/kinetic_chain/


≪≪運動連鎖オンライン編セミナーの目的≫≫

・運動連鎖をベースとした姿勢コントロールの評価ができるようになる

・脳卒中後遺症者の座位での主要問題を運動連鎖から理解できるようになる


≪≪オンラインセミナーの3つの特徴≫≫

当団体の「姿勢と動作の基盤的な評価と介入」を学べるBASICコースのオンライン版です。

1.オンラインでも知識の獲得、技術の習熟を目指した構成
・実技時間として「評価の動きの実体験」と「触診」「視診」を多く設けて、評価手法の習得を目指す
・隔週のセミナー開催によりセミナー→臨床→セミナーで学びを深めることができる

2.BASICコースに沿った内容で評価手法の習得までを目指す
BAICコースの講義、および評価に特化した内容を学べる

3.今後BASICコースお申し込みの場合は実質受講料無料
オンラインコースを受講した場合、今後該当するBASICコースをお申し込みの際に、オンライン受講料分を差し引いた金額で受講が可能となります。


≪≪オンライン一括コースのお知らせ≫≫

今回の運動連鎖編に加え、運動学編、神経生理学編の3つのセミナー(オンライン一括コース)を全て受けることで姿勢コントロールに対する評価を包括的に学べるように構成されておりますので、一括コースを推奨しております。

単発の受講に比べ受講していただきやすいようにコース受講の際は値引きされた価格での受講が可能となります。オンラインコースの詳細は以下をご参照ください。
→https://ccrajapan.jp/seminor/online/

管理No:73423閲覧回数:154回この情報を印刷する

研修会詳細

主催
脳卒中包括的リハビリテーションアプローチ
開催日時
1日目:8月9日(日) 2日目:8月23日(日) 両日10:00-13:00  
開催地
〒107-0052 東京都港区赤坂HF溜池ビルディング1F(配信場所であり、受講場所自体はご自宅やご自身の職場などでの受講となります)
・zoomを利用したセミナーとなります、事前にzoomのアカウント登録(無料)を推奨いたします
・タブレット、スマートフォンでも受講可能ですが、ホワイトボードの文字や動作を見る際に、画面の大きいパソコンでの受講を推奨いたします
・家庭用インターネット回線、モバイルwifi,スマートフォン本体などの通信回線をご準備ください、通信容量制限や速度制限がある契約プランの場合はご利用状況により遅延が発生する場合がありますのでご留意ください
講師
費用
6000円
神経生理学編と運動学編も合わせて受講するオンライン一括コース受講の場合は割引で受講が可能です。
オンラインコース→→https://ccrajapan.jp/seminor/online/
定員
30
対象
理学療法士・作業療法士・言語聴覚士
ホームページ
http://ccrajapan.jp/

お問い合わせ・お申し込み

お申し込みの方は下記の「お問い合わせ・お申し込み」ボタンよりお申し込み下さい。
セミナーに関してのお問い合わせはこちらから http://ccrajapan.jp/contact/

このセミナー情報をシェアする

このセミナーを見た人はこんなセミナーも見ています

ページ上部へ戻る