理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が集うリハビリ情報サイト

PT-OT-ST.NET

学会研修会

New
2020.05.23掲載

関節運動学に基づいたモビライゼーションと筋力強化法【上肢①手関節・肘関節】

新卒・学生~5年目までのセラピスト対象:基礎から学ぶ関節セミナー

━━━━ ━━━━ ━━━━
━━━━ ━━━━ ━━━━

【ご案内】
関節可動域訓練を行う際の基本を知っていますか?関節の基本的な動きについて知らずに、ただ漫然とROMを行っても効果は上がらないばかりか患者さんの身体を痛めてしまうリスクがあります。


今回の講座『関節運動学に基づいた骨の動かし方や筋力強化の実技』を学ぶ事で安全で効果的な関節可動域訓練と質の高い筋力強化が患者さんに提供できるようになります。

当日は基礎的な触診を確認しつつ行う内容となっており、学生や経験の浅いセラピストにもお勧めの内容になっています。


【講座の内容・詳細】

○座学
関節包内運動の理解
構成運動と副運動
関節の遊び≒Joint Playの評価
凹凸の法則とその例外
可動性を出した後のいわゆる「緩みすぎ」を防ぐには
関節運動学に基づいた筋力強化法とは

○実技

A.手関節
①手根骨の触診
②撓骨手根関節の評価とモビライゼーション
③手根間関節の評価とモビライゼーション
④下橈尺関節の評価とモビライゼーション
⑤手関節背屈・掌屈・尺屈・撓屈・回内・回外方向への関節運動学を考慮した関節可動域訓練法
⑥手関節の動きに対する関節運動学に基づいた筋力強化法


B.肘関節
①肘関節周囲の骨ランドマークの触診
(腕頭関節、腕尺関節の関節面、撓骨頭、尺骨鈎状突起など)
②腕頭関節の評価とモビライゼーション
③腕尺関節の評価とモビライゼーション
④上橈尺関節の評価とモビライゼーション
⑤肘関節屈曲・伸展方向への関節運動学を考慮した関節可動域訓練法
⑥肘関節の動きに対する関節運動学に基づいた筋力強化法

【講師】
市川 悠 理学療法士 15年目
PTOTの寺子屋 HAND-OFF代表



【受講対象】
・新卒~5年目くらいまでのPTOT
・今まで関節系の技術を学んだことが無い方※既にどこかで学んだ方、学ばれている方は受け付けておりません。

【適用疾患】
・手や肘の可動域制限や筋力低下 ・手の骨折全般 ・ゴルフ肘やテニス肘などの肘関節の痛みや不安定性 ・脳卒中などの手の拘縮 など


【受講のフォロー】
①講義は19時開催ですが、実技に不安のある方で特に触診が苦手な方は開始の1時間前の18時に会場にお越しください。受講料+500円になりますが、触診のフォロー講座をご案内しています。


②復習用動画を配布しています。(当日撮影)

意欲ある皆さんの参加をお待ちしております。

管理No:73424閲覧回数:271回この情報を印刷する

研修会詳細

主催
PTOTの寺子屋 HAND-OFF
開催日時
2020年7月1日(水)19:00~21:30(多少遅れてもOKです。)
開催地
〒162-0052 東京都新宿区戸山
新宿、新宿近隣(ご参加の方にお知らせいたします)
講師
費用
3000円
定員
8名
対象
理学療法士、作業療法士の有資格者
PTOTの学生(就職前の準備などに)
ホームページ
https://ptot-terakoya.jimdofree.com/

お問い合わせ・お申し込み

ホームページのお申し込み・お問い合わせフォームからお申込みください。

https://ptot-terakoya.jimdofree.com/


※お申し込み頂いた時点で、ホームページ記載の注意事項にはご了承済みと致します。

主催団体

全登録研修会を見る

このセミナー情報をシェアする
ページ上部へ戻る