理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が集うリハビリ情報サイト

PT-OT-ST.NET

学会研修会

New オフライン(対面) 資料有
2020.08.01掲載

1DAYセミナー【動作分析・筋緊張・姿勢制御】動作分析・治療に生かせるニューロリハを中心に理解し、 脳血管疾患の動作・姿勢・筋緊張に対する苦手を克服する1日完結セミナー 【福岡会場】

《1万2千人以上が受講!》小脳と聞くと、何を思いますか?皮質と髄質があることを知っていますか?それぞれの皮質・核の構造・機能はご存知ですか?患者様の為に臨床で使える知識・技術をお伝えします。

脳画像の見方・動作と関連するニューロリハを理解し、
脳血管疾患に対する苦手を克服する1日完結セミナー
~ 12,000人以上の受講感想から多数悩む症状の原因を明確にし、効果を認めたアプローチ ~



国家試験合格後、多くの先生が1度は

『脳血管疾患の治療に自信がない。』
『先輩の代診...不安。』
『なかなか治らない。』
『教科書・文献で勉強しても患者さんに反映できていない。』
『先輩によって教えてもらう内容や、問題点が違って困っている。』



経験年数が増してくると、
『脳に得意な後輩がでてきて焦る。』
『実習生の指導が本当に合っているのか確かめたい。』
『学会発表や論文投稿の思考内容が合っているのか。』



これらのご意見を含め12,000人以上に指導を行った講師から、
脳血管疾患に対する苦手や疑問を1日完結型で行い、
脳血管疾患の治療に自信がもてる時間を用意しています。



Contents
・カルテから情報収集すべき最重要5項目
・座位・立位姿勢で評価すべきポイントとニューロリハ
・感覚検査とバランス検査からすべき思考
・評価・検査からBRSの改善に直結した問題点の見つけ方
・ニューロリハと運動学・解剖学を取り入れた治療



内容の一例として、例えば、
外側皮質脊髄路を回復させるためにはどうすれば良いと考えますか?
『外側皮質脊髄路を使用させる運動』ではなく、
『外側皮質脊髄路はどのニューロンから連絡が来るのか?』を理解することです。
そのニューロンを促通するリハビリを行ったとき、外側皮質脊髄路が働き始めます。


感覚障害はどのようにして改善しますか?
まずは7つの感覚経路を理解し、7種類の評価を使い分け、感覚と運動のニューロリハを適用する。
7種類の経路とは? 感覚と運動の脳内ネットワークはどうなっているのか?


何故、被殻出血にて筋緊張が高い人と低い人がいるのですか?
筋の緊張をコントロールしているのは何かを明確にする。
その際、必須となる4種類の錐体外路を理解 ⇒ 筋紡錘との関係性まで学び、
4通りの評価・アプローチを行う。


これらを教科書レベルに留まらず患者さんの姿勢や動作に反映した一理解ができるため、
多くの疑問や不安・悩みを解決し、脳血管疾患の苦手が克服される内容となっています。

管理No:74138閲覧回数:47回この情報を印刷する

研修会資料

研修会詳細

主催
脳科学リハビリテーション協会
開催日時
2020年11月28日
開場9:40
セミナー10:00~16:00
開催地
〒812-0011 福岡県福岡市博多区博多駅前3-25-24八百治ビル5階 エイムアテイン 博多駅前
JR博多駅 博多口から徒歩2分
講師
費用
白黒資料8,500円(税抜)
カラー資料9,000円(税抜)
定員
30名
対象
ホームページ
https://www.brain-science-rehabilitation.com/

お問い合わせ・お申し込み

申し込み:https://ssl.form-mailer.jp/fms/1e15ff3a638300

このセミナー情報をシェアする

カレンダー

<< 2020年 8月 >>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

印が実施日です。

近日開催オンラインセミナー

もっと見る 省略する

このセミナーを見た人はこんなセミナーも見ています

ページ上部へ戻る