理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が集うリハビリ情報サイト

PT-OT-ST.NET

学会研修会

New オンライン(WEB) 資料有
2020.08.01掲載

【 脳科学 × 脳画像 × BRS 】シリーズがオンラインにて実施。BRSⅡ・バランス編。姿勢制御・コアコントロールシステム。バランス・筋緊張への解釈・治療方法。

《1万2千名以上が受講!》

脳画像を簡単に見れる『2本の線』の書き方を学び、局在部位を明確に分け、臨床適応できるようになる。
それだけでなく、考えるべき神経ネットワークと患者さんの姿勢アライメント不良の関係性。

放線冠は臨床でも良く担当し、皮質からのフィードフォーワードが収束し、難解な画像でありませんか?

実は『2本の線』を書き加えるだけで、どこの障害か?どんな姿勢になってしまうのか?
明らかになります。

放線冠レベルにて、運動野の特に手の領域が障害され、麻痺した手を治すためには、『手』の治療では回復が乏しい。

促通すべきハンドリング部位・方法は、運動野に入力される神経路を賦活することで、明らかな効果が即座に感じられます。
脳画像から、患者さんに使える!リハビリ分野で使える!効果を実証した最新知識と技術をお伝えします。

午後からは、3つの難題を理解していきます。

『BRSⅡに何故なってしまうのか?』
『何故筋緊張が低くなってしまうのか?』
『何故、半側空間無視が生じてしまうのか?』

収縮は感じられるけれど、どのようにすれば麻痺は改善していくか。
臨床で悩まれる機会や経験は少なくないと思います。

低緊張の麻痺に対し、どのようにハンドリングし、その効果がどのような
脳内ネットワークによって改善するかお伝えいたします。

半側空間無視は麻痺側からアプローチした方が良いよ。
非麻痺側からアプローチした方が良いよ。

様々なご指導を臨床で試みていると思います。

半側空間無視になってしまう原理が理解できれば、どちらからの介入がより良いか明らかです。



アプリでは、個人情報・患者情報の漏洩・損害請求を懸念しますが、
当協会では、アプリを用いず、システムエンジニア開発した安心・安全な環境でご視聴頂けます。

また、web講義用に動画撮影しているからこそ、見やすく・聞きやすく・分かりやすい内容となっています。

文字が見えない。
映像が不明瞭。
声が聞こえない。
集中して学べない。
など、アプリでの視聴トラブルも改善しています。


詳しくはホームページから、web受講 ⇒ 遠隔受講セミナーをご選択ください。

管理No:74154閲覧回数:71回この情報を印刷する

研修会資料

研修会詳細

主催
脳科学リハビリテーション協会
開催日時
2020年11月8日
配信時間:10:00~18:00
視聴・
支払方法
講師
費用
9000円(税抜)
定員
対象
ホームページ
https://www.brain-science-rehabilitation.com/

お問い合わせ・お申し込み

お申し込み:https://ssl.form-mailer.jp/fms/04f8c99d670084

このセミナー情報をシェアする

カレンダー

<< 2020年 8月 >>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

印が実施日です。

近日開催オンラインセミナー

もっと見る 省略する

このセミナーを見た人はこんなセミナーも見ています

ページ上部へ戻る