理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が集うリハビリ情報サイト

PT-OT-ST.NET

学会研修会

New オンライン(WEB) 資料有
2020.09.17掲載

そんなに多いの!?腱板断裂!?腱板断裂の理学療法評価について 

―肩関節のMRI、エコーでの評価と理学所見について―

皆様は腱板断裂の患者様って実際はすごく臨床で多いことに気づいていますか?

腱板断裂と肩関節周囲炎の評価の違いを理解していますか?

腱板断裂の発生は大きく分けて加齢による退行性変化と求心性の乱れがもたらすインピンジメントの問題があると考えています。

腱板断裂はMRIで診ることができます。しかし近年では超音波エコーの進化に伴い、超音波エコーでも腱板断裂を診ることが可能となっています。

MRI、超音波エコーがない~と施設の先生もご安心ください!!理学所見の取り方で、ほとんどの腱板断裂を見分けることが可能です。

私はこれまで、「肩」を専門的に診ている病院で、「腱板断裂」のある患者さんをたくさん担当してきました。肩専門医はどのようにMRI所見を診ているか知っていますか?

理学療法士は腱板断裂に対してどのような理学所見をとる必要があるのでしょうか?

まずは残存腱板を把握する整形外科的テストです。また重力を考慮した評価と肩甲帯の固定力をチェックする必要があります。

今回は、臨床で出会っているけど見逃している腱板断裂患者様について文献的解釈に加え、理学療法評価についてスライドにして発表したいと思います。

ぜひ参加してみてください。きっと明日から患者様を診る目が変わりますよ!!

(当日の内容)

1.腱板断裂って?

2.そんなに多いの腱板断裂?

3.腱板断裂の発生機序

4.腱板断裂のMRI評価(超音波エコー所見も含め)

5.腱板断裂の理学所見(MRI.エコーがなくても大丈夫)

(講師)
ひろせ整形外科リハビリテーションクリニック
(大久保病院明石スポーツ整形・関節外科センター)
神戸運動機能研究会 代表
JPTA 運動器認定理学療法士
JPSA 中級障害者スポーツ指導員
整形外科リハビリテーション学会 B級
三学会合同呼吸療法認定士

管理No:74712閲覧回数:177回この情報を印刷する

研修会資料

研修会詳細

主催
高知運動器研究会
開催日時
10月23日(金) 21:00~23:00
視聴・
支払方法
講師
久須美雄矢
費用
1000円
定員
50名
対象
理学療法士、作業療法士、鍼灸師、柔道整復師、トレーナーなど身体に関わる方
ホームページ
https://online-shishow.com/seminars/15

お問い合わせ・お申し込み

このセミナー情報をシェアする

カレンダー

<< 2020年 9月 >>
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   

印が実施日です。

近日開催オンラインセミナー

もっと見る 省略する

このセミナーを見た人はこんなセミナーも見ています

ページ上部へ戻る