理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が集うリハビリ情報サイト

PT-OT-ST.NET

学会研修会

オンライン(WEB)
2020.09.20掲載

PT・OT・STのための呼吸リハをより深く理解するセミナー

過去を学ぶ事でしか、未来を知る方法はありません。本セミナーでは、呼吸リハをより深く理解する為に「そもそもどこから始まったのか」 「なぜこの方法が出来上がったのか」について紐解きたいと思います。

研修会内容は以下のとおりです。
================================
①呼吸リハの解剖学 episode0 呼吸リハの起源を探る。
COPDや間質性肺炎をはじめとする多くの呼吸器疾患、あるいは術前術後の呼吸ケアとして、幅広く行われる呼吸リハビリテーション。その起源はどこにあるのでしょうか。かつて世界的に猛威をふるい死の病として恐れられた「結核の治療」の中にそのヒントが隠されています。180年前へのタイムスリップです。
================================
②呼吸リハの解剖学 episode 1 日本での現代的な呼吸リハビリテーションの最初はどこか。
イギリスやドイツで産声をあげた「結核の治療法としての運動(ブレーメル・デッドワイレルの原則療法)」。この原則療法は、明治以降の日本にも少なからず影響を及ぼします。しかし結核の勢いは留まるところを知らず、大正に入ると庶民の中で爆発的に蔓延し制御不能となります。大正期、結核の治療は事実上「隔離する事」がその主体となり、「結核の治療法としての運動」は影をひそめます。
昭和に入ると、結核の治療法としての運動は「作業療法」という名前で再び登場します。
さらに1930年以降、ストレプトマイシン後の回復期、あるいは社会復帰のためのケアとして、あるいは結核の外科術後のケアとしての、現代のそれに近い形での呼吸リハビリテーションがせり出してきます。このオンラインセミナーではこのあたりの紆余曲折を一つ一つ紐解いていきたいと思います。
================================
③呼吸リハの解剖学 episode 2 進化版呼吸リハビリテーション。その頃、世界は。
日本における現代的な呼吸リハビリテーションの芽生えは1930年代と考えられます。その当時、世界ではどの様な呼吸リハビリテーションが展開されていたのでしょうか。特に、リハビリテーション医学隆盛の中心地であったアメリカではどうであったか。ちょうどこの頃出版された、世界で唯一のリハビリテーション医学書であったハワード・ラスク「Rehabilitation Medicine」を紐解き、世界と日本の呼吸リハビリテーションの差を明らかにします。

管理No:74726閲覧回数:2350回この情報を印刷する

研修会詳細

主催
Knowledge Link(ナレッジリンク)
開催日時
①呼吸リハの解剖学 episode 0 呼吸リハの起源を探る
2020年11月27日(金)19:00~20:30(受付開始18:45~Zoom待合室開放)
=====
②呼吸リハの解剖学 episode 1 日本での現代的な呼吸リハビリテーションの最初はどこか。
2020年12月4日(金)19:00~20:30(受付開始18:45~Zoom待合室開放)
=====
③呼吸リハの解剖学 episode 2 進化版呼吸リハビリテーション。その頃、世界は。
2020年12月11日(金)19:00~20:30(受付開始18:45~Zoom待合室開放)
視聴・
支払方法
講師
渡邊宏樹
費用
無料
定員
最大15名(最小遂行人数は10名です。)
対象
PT/OT/ST/看護師
すでに呼吸リハビリテーションに携わっている療法士の皆さま
これから呼吸リハビリテーションを学ぼうとしている療法士の皆さま

呼吸リハビリテーションを学ぼうとする時、とかく評価の仕方や手技の習得に目が行きがちです。
待った無しの目の前の患者のことを想えばそれは致し方ない事かも知れません。
しかし、そこから一歩先に進む為には、そして、さらに深く理解する為には「そもそもどこから始まったのか」
「なぜこの方法が出来上がったのか」を学ことが必要です。
それは先人たちが口をそろえる様に、「過去を学ぶ事でしか、未来を知る方法はない」からです。
​タイムスリップは、未来を進化させるための必要不可欠なプロセスなのです。

このオンラインセミナーでは、「そもそも論」に立ち返り、どこで、なぜこの方法が始まったのかについて紐解きたいと思います。その上で、呼吸リハ的評価法や手技の解説に進みます。
ホームページ
https://www.knowledgelinkreha.com/

お問い合わせ・お申し込み

お申込みはWebサイトより賜わります。

主催団体

登録団体
Knowledge Link

全登録研修会を見る

過去の研修会

2020.08.30(神奈川)
PT・OT・STのための循環器疾患に特化したリハビリテーションセミナー(横浜)
2020.08.02(神奈川)
PT・OT・STのためのシーティング・ポジショニングセミナー(横浜)
2020.07.18(神奈川)
PT・OT・STのための 「安全な気管吸引の実践」「吸引以外の排痰援助の実践」コラボセミナー(横浜)(2days)
2020.07.05(広島県)
PT・OT・STのための 呼吸・循環リハビリテーションセミナー(広島)
2020.07.04(広島県)
PT・OTのための股関節リハビリテーションセミナー(広島)
2020.06.21(東京都)
PT・OT・STのための 呼吸・循環リハビリテーションセミナー(東京)
2020.06.20(東京都)
PT・OTのための股関節リハビリテーションセミナー(東京)
2020.06.07(宮城県)
PT・OT・STのための 呼吸・循環リハビリテーションセミナー(仙台)
2020.06.06(宮城県)
PT・OTのための股関節リハビリテーションセミナー(仙台)
2020.05.17(神奈川)
PT・OT・STのためのシーティング・ポジショニングセミナー(横浜)
このセミナー情報をシェアする

カレンダー

<< 2020年 10月 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

印が実施日です。

近日開催オンラインセミナー

もっと見る 省略する

このセミナーを見た人はこんなセミナーも見ています

ページ上部へ戻る