理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が集うリハビリ情報サイト

PT-OT-ST.NET

学会研修会

動画教材 PR動画
2020.10.13掲載

一次救命処置を学ぶ理由

スポーツ活動中にどれぐらいの頻度で。心肺停止や呼吸停止に遭遇するか。
皆さん、個々の置かれた状況に関して、個別具体的にいくつか紹介もしております。

通常、心肺停止や呼吸停止されている方に遭遇されると「119番通報」をします。
皆さんの元まで、一体何分で救急車は到着するでしょうか。(総務省のHPも情報を元に解説していきます。)

到着までの時間に救命率は、どの程度低下するか。
一次救命処置(BLS)を実施することで、その救命率の低下をどの程度抑制できるのか。

2020年9月にトップ選手(昨年まで現役)がトレーニング中に倒れ、亡くなられるという報道を目にしました。心より冥福を申し上げます。ご家族の方にもお悔やみ申し上げます。

僕としては、この分野は。興味の有無に関わらず運動指導をする者が学ぶべき必須科目の1つかと考えています。
一生涯使わないことが望ましい学習分野です。サービス(運動指導)のレベルが上がるわけでもありません。

管理No:74988閲覧回数:2778回この情報を印刷する

研修会詳細

主催
おかやまのトレーナー・インストラクターを助ける店です。
公開日
視聴・
支払方法
講師
府木薫
費用
0円(アンケート回答)
定員
対象
ホームページ
https://fukky86.com/

お問い合わせ・お申し込み

このセミナー情報をシェアする

カレンダー

<< 2021年 1月 >>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

印が実施日です。

近日開催オンラインセミナー

もっと見る 省略する

このセミナーを見た人はこんなセミナーも見ています

ページ上部へ戻る