理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が集うリハビリ情報サイト

PT-OT-ST.NET

学会研修会

オフライン(対面)
2020.10.22掲載

片麻痺者の排泄及びその関連行為の分析と自立への段階づけ~排泄・起居移乗・更衣に必要な感覚情報と予測的姿勢制御の促通~名古屋会場~

【実技あり!】片麻痺者の快適な排泄方法を座学と実技を通して知る!

講師:原 義晴 先生
   大和大学 保健医療学部 総合リハビリテーション学科
   作業療法学専攻 教授・作業療法士


【ねらい】
排泄行為の一連の動作過程を、感覚-運動情報の観点から分析します。特に、動作が変化する直前の感覚情報ついて健常者と片麻痺者で相違する点を導き出します。そして、片麻痺者が動きやすい・排泄しやすいと感じる感覚情報の誘導と、次の動作への予測的姿勢制御につなげる実技を体験します。


【講義概要】
片麻痺者にとって排泄行為は最も早く自立したいと願う行為の一つであり、セラピストにとって避けては通れない目標でもあります。しかし、排泄行為は起き上がり・起居移乗・下衣の着脱等多くの動作過程が存在するため、過剰な代償運動を伴いやすくなります。
その結果、次の動作への予期的とも言える直前の感覚情報が欠落して、非麻痺側の手に過剰に依存した不安定な姿勢制御が恒常的になり排泄時の問題が生じます。

そこで、本セミナーでは、排泄行為における各動作開始直前の通常はあまり自覚されない視覚情報や体性感覚情報への気づきとその情報に基づく予測的姿勢制御を関連づけて体験的に分析します。
そして、片麻痺者の排泄行為過程で欠落しやすい感覚情報の誘導方法と、それに基づく段階づけられた予測的姿勢制御へのアプローチを実技体験や事例検討を通して示します。


【プログラム】
前半
1 排泄のメカニズムと片麻痺者の不適応について
2 片麻痺者の良好な排泄の促進について
3 便座への着座動作に必要な感覚情報の分析
4 立ち上がり・起き上がり動作の予期的感覚情報と予測的姿勢制御の促通

後半
1 下衣着脱動作の分析と予測的姿勢制御の段階づけ
2 上衣着脱動作の分析と逆行手順からのアプローチ

※実技の進行状況により一部変更が生じる場合があります

※プログラムは追加・変更になる場合があります。

【必要物品】
実技あり:その場で着脱可能なジャージ、スウェット等の上下をご持参下さい

管理No:75116閲覧回数:781回この情報を印刷する

研修会詳細

主催
株式会社gene
開催日時
2021年4月10日(土)
10:00~16:00(受付9:30~)
開催地
〒461-0004 愛知県名古屋市東区葵3-7-14
IMYホール 5階 第3会議室
講師
費用
12,800円(税込)
※当日会場にてお支払い下さい。
※開催日を含め7日前の朝8:00以降からのキャンセルについては、キャンセル料(受講料全額)が発生いたします。
定員
対象
作業療法士・その他
ホームページ
https://www.gene-llc.jp/seminar_info/?id=1600937391-108144

お問い合わせ・お申し込み

※※お申込は、上記URLよりお手続きください※※

【お問い合わせ先】
株式会社gene セミナー事業部門
 担当 セミナーチーム

〒461-0004
名古屋市東区葵1-26-12 IKKO新栄ビル6階
TEL 052-325-6611
FAX 050-3852-1905
E-mail seminar@gene-llc.jp

このセミナー情報をシェアする

カレンダー

<< 2020年 12月 >>
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

印が実施日です。

近日開催オンラインセミナー

もっと見る 省略する

このセミナーを見た人はこんなセミナーも見ています

ページ上部へ戻る