理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が集うリハビリ情報サイト

PT-OT-ST.NET

学会研修会

オンライン(WEB) ピックアップ
2020.10.28掲載

【松田現先生・園部俊晴先生】トップアスリートへの臨床応用(LIVEセミナー/ZOOM)

LIVEセミナーをZOOMで開催します!

【PNFを応用する松田現の観点から】
・松田現先生(10:00~12:15)
アスリートに対するケアは「治療的ケア」と「パフォーマンス向上のためのケア」に大別できるかと思われます。PNFは元々は麻痺の治療のために開発された手技ですので、怪我や障害などを克服するためのツールとして用いる事が主となります。そこでは失われた筋力や可動域の回復などが行われますが、特にPNFの強みは筋感覚の向上や筋出力のタイミングを適切にすることになります。
単に筋力強化を図るのではなく、「使える筋」にすることがPNFによって可能となります。そして、そのような取り組みは怪我や障害からの回復というマイナスからゼロに戻すことだけでなく、プラスに転じる、つまりパフォーマンスアップを目的に施術を行うことも可能です。
講演当日は実際のアスリートに行っている施術内容を紹介しつつ、明日から使える技術を少しでも多く伝えられたらと考えております。


【園部俊晴の観点から】
・園部俊晴先生(13:15~15:30)
私は理学療法士になってすぐにスポーツ整形手術件数日本一の病院に就職しました。これまでの臨床経験で、スポーツ整形のある病院に勤務していたことは、大きな財産となりました。その理由はたくさんありますが、アスリートを復帰させるために必要だった知識と技術が自然と身についたからです。
アスリートの治療には、一般によく医療人が使う「年だから・・・」なんていう馬鹿げた言い訳は通用しません。特に、トップアスリートとなると、その身体に生活や人生が関わっているので、医療的観点から「その痛みを改善するには何が必要なのか?」といつも真剣勝負していなければ、選手やトレーナーに頼られることはありません。
またスポーツで培ったリハビリの知識と技術は、そのまま他の分野にも応用することができます。これはスポーツの分野にいるセラピストがみんな感じていることだと思います。つまり、アスリートの復帰させる知識と技術は、脳卒中のリハビリにも、高齢者のリハビリにも広く応用できると断言できます。
さらに、アスリートの身体の特徴を知ることは、ある意味対極している高齢者の身体を理解する上で、非常に役立ちます。人類で一番効果的に身体機能を発しているヒトと、身体機能が衰えていったヒトとの両方を知ることによって、多くの“気付き”が生まれるはずです。

リハビリ業界では、まず存在しないセミナーだと思いますので、興味のある方はぜひご参加ください。

【セミナー内容】
① トップアスリートの特性とは何か?
◆トップアスリートの特性とは?
・意外と自覚している問題点を持っている。
・躍動感がある。それはなにか?
◆硬さの特性とは?
・関節の硬さと筋の硬さは違う!
◆足の特性とは?
 ・柔軟性の特性
 ・回内、回外の特性
◆回復の特性とは?

② 我々セラピストのできることは何か?
 ・上肢も、下肢も、力の伝わりやすさを変えると、メカニカルストレスが変わる。
 ・ストレスのレベルが違うことを理解する。
 ・特に、長期間離脱しているアスリートを復帰させるのは難しい。
 ・その復活劇の立役者となったセラピストは想像以上に多いことを知ってほしい
 
【到達目標】
1.トップアスリートの特性を知ることは全てのリハビリの分野に役立つことを理解する。
2.仮説検証への応用に活かせることを理解する。
3.トップアスリートへの臨床応用ができれば、セラピストとしての自分の殻を一枚も二枚も破ることができることを理解する。

管理No:75199閲覧回数:4090回この情報を印刷する

研修会詳細

主催
動きと痛みLab
開催日時
2021/02/07 (日)10:00 - 16:00
視聴・
支払方法
講師
園部俊晴先生(コンディション・ラボ),松田現先生(GEN ACADEMY)
費用
一般・ウェブ会員¥8,000 アカデミー会員¥4,000 ゴールド会員無料
復習用動画付:一般・ウェブ会員¥9,000 アカデミー会員¥5,000 ゴールド会員¥1,000
定員
300
対象
誰でもご参加できます
ホームページ
https://ugoitalab20210207.peatix.com

お問い合わせ・お申し込み

このセミナー情報をシェアする

カレンダー

<< 2021年 1月 >>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

印が実施日です。

近日開催オンラインセミナー

もっと見る 省略する

このセミナーを見た人はこんなセミナーも見ています

ページ上部へ戻る