理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が集うリハビリ情報サイト

PT-OT-ST.NET

学会研修会

New オンライン(WEB)
2020.11.20掲載

[オンライン]バランスボールを用いた身体操作能力向上トレーニング

3.Reaction|バランスボールの特性を利用した反射/反応/反力の利用を高めるリアクショントレーニング

バランスボールを用いたTRは一般的には「コアを鍛える」という側面が重要視され、そのように利用されています。

ですがバランスボールの形状や材質的な特徴を更に活用し、パフォーマンスの構造から紐解いていくことでコアだけでなく様々な要素をトレーニングすることが可能になります。

スポーツは自分の身体一つで行うわけではなく、種々の外的要因の中で自分がどのように動けるかが求められます。バランスボールはそれ自体が外的要因となり、常に自己へのフィードバックを得ることができます。そのため「変化に適応する能力」を身につけるためにとても良いツールになります。

そのバランスボールのトレーニング方法を実践していきたいと思います。

1.Conditioning
バランスボールを用いた重要部位のモビリティとスタビリティ向上によるコンディショニング
2.Movement
バランスボールと自身の動きを組み合わせたムーブメントトレーニング
3.Reaction
バランスボールの特性を利用した反射/反応/反力の利用を高めるリアクショントレーニング

全3回に分けてお伝えします。
※1、2、3の個別受講も可能です

※「1.Conditioning」「2.Movement」はリクエスト多数の為、10月に実施したセミナー録画を期間限定で再公開いたします

※実践する際はトレーニングが行いやすい環境で行ってください。
初めのうちはバランスを崩して倒れる可能性も十分にあります。
(特に11月開催の「3.Reaction」の内容はわざと倒れたりします)
初めは動作を小さくゆっくり行う、倒れてもいいようにマットの上で行うなど、ご自身で注意をお願い致します。

管理No:75430閲覧回数:108回この情報を印刷する

研修会詳細

主催
JARTA international
開催日時
□ライブ配信
2020年12月6日(日)
午前10:00~11:00(準備9:45〜)

□録画視聴期間
2020年12月8日〜10日
視聴・
支払方法
講師
費用
5,000円(税別)
3日間録画視聴+ライブ参加権利あり
※ライブ参加の有無に関わらず、料金は一律です
※クレジットカード決済のみ
定員
対象
理学療法士、作業療法士、アスレティックトレーナー、柔道整復師、鍼灸・あん摩・マッサージ師、ヨガ・ピラティス関係、スポーツ指導者、等
ホームページ
http://jarta.jp/

お問い合わせ・お申し込み

お申し込み
https://beast-ex.jp/fx3952/BM

お問い合わせ
seminar@jarta.jp (JARTAセミナー担当事務局)

このセミナー情報をシェアする

カレンダー

<< 2020年 11月 >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

印が実施日です。

近日開催オンラインセミナー

もっと見る 省略する
ページ上部へ戻る