理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が集うリハビリ情報サイト

PT-OT-ST.NET

学会研修会

オフライン(対面)
2020.11.26掲載

口から食べる楽しさを!完全側臥位法での嚥下障害に対するアプローチ~新たな嚥下治療の分析方法をQOL向上へ繋げる~大阪会場~

【実技あり!】環境を選ばない、嚥下障害治療アプローチの新しい考え方!

講師:福村 直毅 先生
   健和会病院 総合リハビリテーションセンター長、回復期リハビリテーション病棟医長・医師


【ねらい】
嚥下治療は命に直結する重要な医療です。原因をしっかり分析し、論理的に適した方法を見つけなければなりません。
医師、歯科医師だけでなく、嚥下障害者の食事に寄り添う看護師、介護職、栄養士、調理師、歯科衛生士、療法士ができる分析方法と実践方法をお伝えします。

【講義概要】
肺炎死と食べ物での窒息死が世界一多い日本は、世界一の嚥下障害死が多い国といえるでしょう。食べると死んでしまうのではないかという不安が蔓延し、過剰な禁食指示が胃瘻と看取りを激増させてきました。

完全側臥位法は、有効範囲が広い嚥下機能代償法です。
新しい嚥下障害治療システムの代表的手技として我々が2007年に発見し、2012年に報告しました。

このシステムは、肺炎発症率の低下、経口摂取率の向上、栄養摂取量の増加と嚥下治療の4つの大きな目標をクリアしました。
そして、完全側臥位法は人類が古来より日常生活で実施してきた自然で自力摂取可能な姿勢であり、ベッド、長椅子、ストレッチャー、布団など環境を選ばない方法でもあります。

今回のセミナーでは新しい嚥下治療の効果を踏まえ、嚥下機能分析法と実践、導入時のポイントなどをお伝えする予定です。

【プログラム】
前半
 ・嚥下治療の必要性と目的
 ・これまでの嚥下治療の適応と限界
 ・3次元で展開される新しい嚥下治療の分析方法
 ・簡易的嚥下障害対応法「2×4システム」

後半
 ・歴史に見る完全側臥位法
 ・完全側臥位法のバリエーション
 ・実際に完全側臥位を作ってみよう
 ・本当は美味しいペースト食

※プログラムは追加・変更になる場合がございます。

【必要物品】
実技あり:動き易い服装(Tシャツ、ジャージ等)

管理No:75500閲覧回数:864回この情報を印刷する

研修会詳細

主催
株式会社gene
開催日時
2021年5月16日(日)
10:00~16:00(受付9:30~)
開催地
〒550-0012 大阪府大阪市西区立売堀3-1-1
大阪トヨペットビル 9階 大ホール
講師
福村 直毅 先生
費用
12,800円(税込)
※当日会場にてお支払い下さい。
※開催日を含め7日前の朝8:00以降からのキャンセルについては、キャンセル料(受講料全額)が発生いたします。
定員
対象
理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・看護師・介護職・栄養士・調理師・歯科衛生士・その他
ホームページ
https://www.gene-llc.jp/seminar_info/?id=1604626200-321311

お問い合わせ・お申し込み

※※お申込は、上記URLよりお手続きください※※

【お問い合わせ先】
株式会社gene セミナー事業部門
担当 セミナーチーム

〒461-0004
名古屋市東区葵1-26-12 IKKO新栄ビル6階
TEL 052-325-6611
FAX 050-3852-1905
E-mail seminar@gene-llc.jp

このセミナー情報をシェアする

カレンダー

<< 2021年 1月 >>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

印が実施日です。

近日開催オンラインセミナー

もっと見る 省略する

このセミナーを見た人はこんなセミナーも見ています

ページ上部へ戻る