理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が集うリハビリ情報サイト

PT-OT-ST.NET

学会研修会

New 動画教材
2021.01.14掲載

PT・OT向け 現場の疑問に答える摂食嚥下リハビリ徹底攻略Q&A

~持てる能力を発揮するための知識・評価・技術集~

PT・OTが摂食嚥下領域で活躍する秘密を知りたくないですか?


PT・OTが摂食嚥下領域に一歩を踏み出していきにくい最大の理由は、
摂食嚥下領域は、
「STが診るべきもの」
といった、固定概念です。


しかしながら、
医療福祉現場では、
誤嚥性肺炎によるADLの低下や
食べないことによる低栄養状態から、

筋量の不足や筋出力の低下などにより、
ADL動作の回復の停滞
などがみられます。

そのため、
昨今、リハビリ栄養も言われるようになりました。

そして、

診療報酬改定により、

摂食嚥下領域は、STだけでなく、
医療職、介護職全般に、
チームとして診ていく必要が出てきています。


とりわけ、

PT・OTには、身体機能の回復が求められます。

しかし、

摂食嚥下領域は
「STが診るモノ」
といった固定概念により、

摂食嚥下領域での、身体機能へのアプローチは疎かにされています。

その状態から脱却しようと、

例え、
セミナーや書籍を読んだとしても、

摂食嚥下領域での5期モデルや
シーティング、
姿勢改善のための方法
を学んだとしても、

そこに、評価が紐づいていないと、
結果に表れてきません。

そのための知識と評価、そしてアプローチ方法などをお伝えします。

内容はざっくりと挙げると、
以下のようなになります。

☑全身と嚥下

☑PT・OTとして食事場面を診る視点

☑PT・OTが使うべき摂食嚥下評価

☑嚥下のどの期が問題なのか?

☑誤嚥性肺炎に手を打つための施策

☑誤嚥性肺炎予防の自主トレ方法

☑誤嚥性肺炎を起こさないための支援方法

☑覚醒を上げる方法

☑摂食嚥下領域における廃用症候群に対するアプローチ

☑胃瘻造設後のリハビリの進め方

☑カニューレが入っている方への頸部へのアプローチ

などなど

PT・OTが持っている
「知識や技術」
を最大限に活かしていくためのE-Book。

PT目線で、
普段している臨床で診ている視点や、

ST目線で、
どういったポイントを臨床で見ていけばいいのかが説明されています。


そのため、
PT・OTが持つ知識や技術を
摂食嚥下領域の現場で最大限に使用していくためのヒントがあります。

そこに、

筋骨格のつながりの知識に加えて、筋骨格へのアプロ-チが加わることで、今まで行えなかった、摂食嚥下領域にも今まで以上に一歩を踏み出せるようになります。

管理No:75979閲覧回数:96回この情報を印刷する

研修会詳細

主催
摂食嚥下手技アプローチ協会
公開日
視聴・
支払方法
講師
費用
300円
定員
定員残数は随時サイトに記載されております。
対象
PT・OT
ホームページ
https://swallowing-manipulation-approach.jimdo.com

お問い合わせ・お申し込み

主催団体

過去の研修会

2020.09.05(大阪府)
臨床で変化が出せていない人必見! 今まで習得してきた知識・技術を思うように使用できる応用臨床推論マスター講座in大阪
2020.08.23(神奈川)
Basic②摂食嚥下を改善させるためのタッチング(触診法)とポジショニング~筋緊張をコントロールする手法~
2020.08.22(神奈川)
全身から診てアプローチできる摂食嚥下基礎コース in 関東
2020.08.22(神奈川)
Basic①「1日で完全習得‼」摂食嚥下の解剖学・運動学・生理学と四肢・体幹・頸部から読み解く評価法&徒手療法
2020.08.02(大阪府)
Basic②摂食嚥下を改善させるためのタッチング(触診法)とポジショニング~筋緊張をコントロールする手法~
2020.08.01(大阪府)
Basic①「1日で完全習得‼」摂食嚥下の解剖学・運動学・生理学と四肢・体幹・頸部から読み解く評価法&徒手療法
2020.08.01(大阪府)
摂食嚥下プロフェッショナル養成コースin大阪
2020.08.01(大阪府)
全身から診てアプローチできる摂食嚥下基礎コース 大阪
2020.07.12(大阪府)
特別な技術がなくても、必ず結果が出せるようになる、臨床のミカタ
2020.07.11(大阪府)
STに必須!摂食嚥下における筋の解剖学とその機能
このセミナー情報をシェアする

カレンダー

<< 2021年 1月 >>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

印が実施日です。

近日開催オンラインセミナー

もっと見る 省略する
ページ上部へ戻る