理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が集うリハビリ情報サイト

PT-OT-ST.NET

学会研修会

オンライン(WEB)
2021.03.02掲載

【講師 鈴木俊明先生】動作分析の基礎-運動と現象の理解を中心に-

セラピストにとって、動作分析の質の高さは極めて重要な能力となります。

動作を改善させる、痛みを改善させる、パフォーマンスを向上させるためには、動作上の問題を抽出し、問題の原因となっている機能障害についてアプローチをする必要があります。

しかし、動作分析に難渋し、具体的な機能障害の抽出に悩んでいるセラピストは少なくありません。

動作分析がうまくいかない原因の一つとして、関節運動を明確に把握することができず、動作の解釈が曖昧になっていることが挙げられます。

つまり、動作分析においては、具体的にどの関節がどのように動いた結果、このような動作になったという一覧の解釈が重要と言えます。

本セミナーでは関西医療大学 保健医療学部 教授 鈴木俊明先生より、動作分析における「運動と現象」について詳細にお話をいただきます。

鈴木俊明先生より
立ち上がりはどのような運動で構成されているのか?
歩行はどのような運動で構成されているか?
など、動作分析の本質について実技を交えてご解説をいただきます。

動作分析に悩んでいるセラピストはぜひ受講をご検討ください。

内容
1.運動と現象の違い
2.動作分析の実例(立ち上がり・歩行等)
3.動作分析を用いたアプローチ

講師
鈴木俊明先生
理学療法士・博士
関西医療大学 保健医療学部 教授
関西理学療法学会 会長
脳卒中リハビリテーション・体幹機能・筋緊張コントロールにおける第一人者であり、著名な研究者である。
神経疾患の理学療法を専門にしており、脳卒中リハビリテーションや脊髄神経機能研究では有数の研究者でもある。
現在も臨床活動をされており、研究と臨床の融合を図っている。
セミナー風景

管理No:76516閲覧回数:1028回この情報を印刷する

研修会詳細

主催
株式会社Work Shift
開催日時
2021年5月1日(土)
開始:19:00 | 終了:21:00 | 開場:18:45
視聴・
支払方法
講師
鈴木 俊明 先生
費用
3,000円(お申し込み後、クレジットカード支払いとなります)
定員
30名限定(申込先着順で定員になり次第締め切らせていただきます)
対象
理学療法士
作業療法士
鍼灸師
柔道整復師
トレーナー
ホームページ
https://www.workshift.info/seminar/?id=539

お問い合わせ・お申し込み

このセミナー情報をシェアする

カレンダー

<< 2021年 4月 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

印が実施日です。

近日開催オンラインセミナー

もっと見る 省略する

協賛団体全団体はこちら

このセミナーを見た人はこんなセミナーも見ています

ページ上部へ戻る