理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が集うリハビリ情報サイト

PT-OT-ST.NET

学会研修会

New オンライン(WEB)
2021.05.04掲載

ポジショニングの基礎知識

寝姿勢における不良姿勢の介入と予防の視点

 今回は、寝たきりの方が起こりやすい問題の一つ、「首が反り返り、足が捻じれた姿勢(風に吹かれた肢位)」についてとりあげ、どのように『対応』をしていけばよいかについて考えていきたいと思います。

 日頃の臨床場面において、不良姿勢は固定化かつ複雑化するほど、対応は難しくなる傾向にあります。このような状態になってしまうと、誤嚥性肺炎のリスクが高まり、日頃のケアにおいては苦痛(例:オムツ交換、口腔ケア)を伴うことが増え、車椅子にも座れなくなるなどの問題が起こり、患者様の生活の質を下げる要因(例:口からご飯を食べることができなくなる)にもなっています。また、介助量が増えてしまう面では、介護者側にも大きな負担を強いる結果となっています。このように考えると、不良姿勢は起きてから「対応」をするのではなく、「予防」をすることがポイントになることが分かります。

 不良姿勢に対するアプローチの手段としては、ポジショニングが代表的なツールの一つになりますが、より効果が出やすい段階で、『多職種協同の実践』をしていくことが重要になります。研修の中では、これらのことも意識しながら、「予防」の視点においてポジショニングの実践方法について、情報共有をしていきたいと思います。

 研修に参加をされる皆様にとって、一つでも有用となる情報があれば幸いです。当日は、宜しくお願いします。

管理No:77306閲覧回数:527回この情報を印刷する

研修会資料

研修会詳細

主催
足とからだサポート
開催日時
2021年6月25日(金)20時~21時30分まで
視聴・
支払方法
講師
山口和彦
費用
2300円
定員
30人程度
対象
医療福祉分野に関わる職種全般
ホームページ
http://www.ashitokarada.support

お問い合わせ・お申し込み

申込・問い合わせフォームより

このセミナー情報をシェアする

カレンダー

<< 2021年 5月 >>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

印が実施日です。

近日開催オンラインセミナー

もっと見る 省略する

協賛団体全団体はこちら

このセミナーを見た人はこんなセミナーも見ています

ページ上部へ戻る