理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が集うリハビリ情報サイト

PT-OT-ST.NET

学会研修会

オンライン(WEB) ピックアップ
2021.06.04掲載

『摂食・嚥下のリハビリテーション 〜PT・OTだからこそできる評価とアプローチ〜』

11月17日、12月1日開催

早割り期間中! 10月20日(水)13:00まで2200円off!

栄養だけでなく「QOL」にも大きく関わる摂食・嚥下の介入。嚥下機能の基礎から、嚥下機能に必要な体幹・頚部の運動学と、それに対するPT・OTとして行える評価と介入方法までを学べます。


■講義紹介




高齢者のリハビリテーションにおいて食事の自立は、目標の一つになることが多く、特に栄養状態だけでなく、『QOLを高める』という意味でも非常にニーズの高い分野です。
しかし、「摂食・嚥下はSTさんの仕事。」というように、摂食・嚥下を意識した積極的な介入はまだまだ少ないと聞きます。



しかし、実は嚥下機能と食事動作は【姿勢】という点で密接な関わりがあり、この姿勢と動作、運動機能、ポジショニングに対するアプローチは、まさにPT,OTの専門分野です。



今回は、嚥下機能の基礎を押さえながら、嚥下機能に必要な体幹・頚部の運動学と、それに対するPT・OTとして行える様々な評価とアプローチ方法までをお伝えします。

経高齢者のリハビリによく携わる方や、生活期の領域を見ることになった療法士、基礎からしっかり学びたい方のご受講をオススメします。


■早期割引中
現在、新型コロナによって研修会に出向きにくい療法士の応援キャンペーンを実施しております。
こちらのwebセミナーは普段2講義:税込8,800円のところ、《10月20日 13:00》までのお申し込みにて2講義:税込6,600円でご受講いただけます。

また、開催から1週間後に当日の収録動画を1ヶ月間視聴出来るよう受講者に配信します。移動時間や交通費を気にしなくて良いなど、オンライン研修は実はとても効率的です!


この機会に、自信を持って臨床が行えるよう、基礎からしっかり学んでみませんか?




■セミナー詳細
日時:11月17日(水)、12月1日(水)全日程 20時~21時

*質疑応答とアンケート回答の時間を含みます。終了時間は余裕を持ってご参加ください。
*受講者には当日の収録動画を、1週間後からご視聴いただけるように配信いたします。(1ヶ月限定)
当日の参加が難しい場合もご安心ください。

会場:ZOOMオンライン会議システムを利用
料金:10月20日(水)13:00まで6,600円税込(13時以降8,800円税込)
   
※メンバーシップ・正会員の方は、会員価格でお申し込みいただけます。まだ会員でない方は、よろしければこの機会にぜひご検討ください。(会員詳細はこちら)

会員の方はメンバーシップ限定のメール、もしくはリハカレにログインし「メンバーシップ特典の会員限定割引情報」からご確認いただけます。

申し込み締切:11月8日(月)
定員:450名(先着順のため、定員になり次第募集を締め切らせていただきます。)

※お支払いは【11月9日】までに完了ください。お支払いが完了した方のみzoomのリンクと資料が確認できるシステムとなっております。お支払いが確認できない場合は【自動キャンセル】となります。銀行振り込みをご選択の方はお気をつけください。


内容:
第1回 2021年11月17日(水)20:00~21:00(質疑応答含む)
「嚥下に必要な機能解剖と運動学を学ぶ」
1.嚥下の解剖・運動学的基礎
2.嚥下に必要な頚部・体幹機能
3.体幹機能の評価と改善方法
4.嚥下に必要な舌骨の解剖・運動学
5.舌骨に対する運動療法



第2回 2021年12月1日(水)20:00~21:00(質疑応答含む)
「嚥下に影響を与える呼吸と座位への介入」
1.呼吸機能と嚥下の運動学的関連
2.呼吸評価とポジショニング
3.嚥下に必要な座位姿勢とシーティング

管理No:77632閲覧回数:8405回この情報を印刷する

研修会詳細

主催
一般社団法人 国際統合リハビリテーション協会
開催日時
11月17日(水)、12月1日(水)全日程 20時~21時
視聴・
支払方法
講師
費用
8,800円(税込)
定員
450名
対象
理学療法士、作業療法士、言語聴覚士
ホームページ
https://bit.ly/3phOXn4

お問い合わせ・お申し込み

このセミナー情報をシェアする

カレンダー

<< 2021年 9月 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

印が実施日です。

近日開催オンラインセミナー

もっと見る 省略する

協賛団体全団体はこちら

ページ上部へ戻る