理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が集うリハビリ情報サイト

PT-OT-ST.NET

学会研修会

オンライン(WEB)
2021.11.16掲載

糖尿病に対する理学療法アプローチ

このセミナーでは、単なる理学・作業療法の対象疾患の背景にある糖尿病という認識ではなく、糖尿病と糖尿病に関連するものをターゲットとし、理学療法の視点での関りができることを目指します。

【講習会概要】
生活習慣病の代表である糖尿病は、血糖コントロールが低下すると脳卒中や心疾患などの心血管系リスクが生じます。さらに慢性的な血糖コントロール不良は、糖尿病性網膜症による失明、糖尿病性腎症および糖尿病性腎臓病による人工透析、神経障害や末梢血管障害を要因とする糖尿病足病変による切断など、リハビリに関わるセラピストの対象疾患の原因となるのが糖尿病です。糖尿病患者に対する医療点数は現在ありませんが、我々セラピストが関わる疾患の背景に糖尿病が多いのは事実です。

このセミナーでは、理学療法対象疾患の背景にある糖尿病に関して、関連学会のガイドラインやエビデンスに基づいて糖尿病の病態を理解し、二次予防、三次予防に繋がる関りができるような内容を示します。セラピストは糖尿病の治療(食事療法、薬物療法、運動療法)の一つとして運動療法を用いますが、運糖尿病を有する患者では運動器の問題を抱えている場合が多く、各セラピストの関り方が予後を左右するといえます。

例えば、糖尿病性腎症を合併したうえでサルコペニアが重複している場合、腎症による心疾患や死亡のリスクを回避するために蛋白質制限やSGLT2阻害薬(血糖コントロールおよび誌心腎保護などの効果)を使用すると、筋肉量の減少に繋がり、筋量の減少により血糖コントロール悪化、および日常生活活動の低下などに繋がる場合があります。理学療法対象疾患のみの考えでは、木を見て森を見ずということになりかねませんので、糖尿病を主体とする生活習慣病に対して、運動療法のみならず食事療法や薬物療法を加味した指導が必要です。

このセミナーでは、単なる理学・作業療法の対象疾患の背景にある糖尿病という認識ではなく、糖尿病と糖尿病に関連するものをターゲットとし、理学療法の視点での関りができることを目指します。

【講座内容】
■第1講座
 糖尿病の病態と糖尿病を合併する
 患者に関わる際の理学療法評価と注意点
講師:浅田 史成 先生

<学習内容>
1.糖尿病の疫学
2.病態
3.収集すべき情報・評価
4.理学療法評価
5.指導の際の基本事項
6.理学療法士として関わる意義

【講座内容】
■第2講座
 糖尿病患者に対する
 運動療法の基本とリスク管理
講師:松木 良介 先生

<学習内容>
1.糖尿病と運動療法の変遷
2.糖尿病と運動(運動と糖代謝)
3.糖尿病運動療法の考え方
4.運動療法の実際
・運動療法の効果
・運動療法の評価
・運動処方と指導の実際
・運動の種類
・運動療法介入のポイントと留意点
5.症例提示

【講座内容】
■第3講座
 糖尿病神経障害に対する
 理学療法の評価とアプローチ
講師:鈴木 啓介 先生

<学習内容>
1.糖尿病性神経障害の疫学
2.糖尿病性神経障害の発症メカニズムと病態
3.糖尿病性神経障害患者に対する
 理学療法評価
4.糖尿病性神経障害患者の
 身体機能へのアプローチ
5.糖尿病性神経障害患者の
 身体活動量へのアプローチ

【講座内容】
■第4講座
 糖尿病患者における
 運動器障害の評価とアプローチ
講師:木村 和樹 先生

<学習内容>
1.糖尿病とメタボ
2.糖尿病とロコモ
3.運動器障害を有する
 糖尿病患者に対する理学療法評価
4.運動器障害を有する
 糖尿病患者に対するアプローチ

【講座内容】
■第5講座
 高齢糖尿病患者の特徴と
 理学療法アプローチ
講師:角田 晃啓 先生

<学習内容>
1. 高齢糖尿病患者の特徴
2. 高齢糖尿病患者の治療コンセプト
3. 高齢糖尿病患者の理学療法評価
4. 高齢糖尿病患者の理学療法プログラム

【講座内容】
■第6講座
 糖尿病腎症に対する理学療法および
 運動が継続できない言い訳対策
 −行動変容理論を用いて−
講師:近藤 寛 先生

<講義内容>
1. 糖尿病腎症の概要
2. 糖尿病腎症の病気分類,診断基準
3. 理学療法評価(リスク管理)と運動療法
4. 運動継続が困難な理由
 ―天候や疼痛などー
5. 運動継続に関わる要因
 ―環境因子や心理的因子などー
6. 行動変容について

【講座内容】
■第7講座
 糖尿病患者の両立支援の
 評価と実際のアプローチ
講師:浅田 史成 先生

<学習内容>
1.両立支援とは
2.両立支援コーディネーターについて
3.糖尿病の未受診と治療中断について
4.未受診と治療中断対策
5.理学療法士の両立支援活動
6.糖尿病患者に対する
 両立支援に関わる療法士の役割

管理No:79582閲覧回数:2372回この情報を印刷する

研修会詳細

主催
Rehatech Links株式会社
開催日時
2022年1月19日、2月2日,16日、3月2日,16日,30日、4月13日(水曜日)
20:00~21:30予定(セミナー後別途30分間質疑応答を行います)
視聴・
支払方法
講師
浅田史成,松木良介,鈴木啓介,木村和樹,角田晃啓,近藤寛
費用
参加費 /5,500円(税込)
銀行振込/クレジット決済
定員
-
対象
理学療法士・作業療法士・柔道整復師・その他
ホームページ
https://rehatech-links.com/seminar/22_1_19/

お問い合わせ・お申し込み

お申し込みは、上記の弊社HPよりお申し込みください。

【お問い合わせ先】
Rehatech Links株式会社 
講習会事務局 大北 潤

〒151-0072
東京都渋谷区幡ヶ谷1丁目8-3
VORT幡ヶ谷6F
TEL 03-6300-0490
E-mail info@rehatech-links.com

主催団体

過去の研修会

2022.01.19(オンライン(WEB))
糖尿病に対する理学療法アプローチ
2022.01.17(オンライン(WEB))
明日の臨床に活かすための関節可動域制限の科学
2022.01.14(オンライン(WEB))
病態理解に基づくパーキンソン病のリハビリテーション
2022.01.11(オンライン(WEB))
臨床で必要な手外科に対するセラピィの基礎知識
2022.01.11(オンライン(WEB))
高齢者の予防理学療法学:フレイルの理解
2021.12.08(オンライン(WEB))
地域理学療法学 -目標設定・意思決定・アウトカム評価を中心に-
2021.11.26(オンライン(WEB))
脳卒中後の痙縮の病態理解と介入戦略
2021.11.13(オンライン(WEB))
『がん』に対する作業療法アプローチコース
2021.09.08(オンライン(WEB))
系統立てて学ぶ心疾患の理学療法-病態理解と評価および運動療法-
2021.08.07(オンライン(WEB))
認知神経リハビリテーションを用いた作業療法
このセミナー情報をシェアする

カレンダー

<< 2022年 1月 >>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

印が実施日です。

近日開催オンラインセミナー

もっと見る 省略する

協賛団体全団体はこちら

このセミナーを見た人はこんなセミナーも見ています

ページ上部へ戻る