理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が集うリハビリ情報サイト

PT-OT-ST.NET

学会研修会

New オフライン(対面)
2021.11.24掲載

野球パフォーマンス向上のための反動理論 ~ 咬合・顎関節・頚部筋のアンバランス、血行障害等の改善 ~

競技時における歯の食いしばりや顎の変位、頸部筋の左右バランスが悪くなっている選手の施術が修得できるセミナー

 施術歴28年、年間約1000人の患者様を施術させていただいく中で、
当治療院では、肩・腰の痛みを訴える患者様が多く、特に肩の痛みで来院される割合が多いです。

 また、肩の痛みを訴えている方の中では頭痛持ちも多く、ほとんどの患者様が痛み止めを毎日飲用されています。
その様な患者様を施術していく中で、顎の変位を改善することで頭痛の軽減が見られる方が多いです。

 2002年から東海大学硬式野球部のトレーナーとして活動をし、現在約30名のプロ野球選手や剣道の選手、
ゴルファーなどさまざまな種目のプロアスリートの身体も診てきました。

 その中で、競技時に歯の食いしばりや顎の変位、競技特性によっては筋出力の左右バランスが悪いため、
頸部筋の左右のバランスも悪くなっている選手が多いのが現状です。

 そこで、私は薬の処方ではなく筋肉を和らげることで血管や神経などの圧迫を取り除き、
血行促進を促すことによって痛みが軽減するという手技を見出しました。

 施術後は「治療中は少し痛いが、終わったら痛みがなくなっていた」「今まで受けたことのない治療だった」
「頭痛薬が1ヶ月に3シートから1シートの半分まで減った」などといった声をいただいております。

 今回、頸部や顎部の施術において悩んでいる治療家、理学療法士、セラピストの皆さんに、
手技アプローチの仕方や改善方法を伝えたいと思っております。
 

< 2/13のセミナーテーマ >
野球パフォーマンス向上のための反動理論
~ 咬合・顎関節・頚部筋のアンバランス、血行障害等の改善 ~
 
    
< 2/13のセミナー詳細 >
1.開き?!割れ?!「開いてはいけないとは?!」
□ 投手の一塁への牽制球は開かないと投げられない
□ 良い球を投げるには開いてはいけないのか・・・
□ 投球と牽制球の違い(先に開き、それに対する閉じる動作)
 
2.「アーム投げ」はいけない?!
□ 頚部の左右バランスが悪いと肩関節が正常な位置で回転できない
□ 顎の前方突出による姿勢不良が肘関節の力みを引き起こす
□ 顎の位置と肘との関係について
 
3.「捻り」の部位とは?!鳩尾?!
□ 座位で脊柱起立筋群の左右使い分け:左から右へ、外から内へ
□ ボールリリースの瞬間やバッティングのインパクトの瞬間:内から外へ
□ 平面(左右同側)で力をためる動き ・脊柱に対する上肢の使い方
 
4.反動や反射を使った「結帯キャッチボール」
□ テイクバック時の肩甲骨挙上による反動や反射
□ 僧帽筋、頚部の筋緊張と野球肩(五十肩なども同様)
 
5.医療従事者が伝える「ヌンチャクエクササイズ」
□ 菅野選手を治療しながら筋の張りと力発揮の関係性を確認しながら、
  スキルに落とし込みをしていった過程、プロセス
□ 現場(特に中学生)に、この過程・プロセスを伝えた結果、痛みもなく、
  野球肘・野球肩が減少。スキルもアップした「ヌンチャクエクササイズ」
       
 
< 1/30開催の同講師による他セミナーの案内 >
頚部・顎部の手技アプローチを修得
〜 肩痛・頭痛・頚部痛・咬合痛等の痛み改善 & 頚部・顎部から動作・パフォーマンスを改善 ~ 

*詳細はコチラ
http://www.y-fit-pro.com/newseminar/entry/post-58/


< 講 師 >
G5 SPORTS - ATHLETE TRAINING STUDIO - 代表
森 克実 - Mori Katsumi -

柔道整復師、鍼灸・あん摩マッサージ師
信実院 院長、般若堂接骨院 院長
株式会社フォレスト・ウィン 代表取締役

 開業して20年「独自の筋膜アプローチ」を考案。
スポーツ選手を中心に治療・痛みの改善に注力。

 中学生の野球クラブチームを発足。「爆発的な力の入れ方・出し方」を研究。
岐阜県では初の全国大会3位。

 東海大学硬式野球部のトレーナー(2008年~2014年)としても怪我人ゼロを目指す。
現読売ジャイアンツ原辰徳監督、菅野智之選手や学生時代に広島カープ田中広輔選手をはじめ、プロ野球選手30名の治療を施す。

 独自の「反動理論」からモーションスキルセラピストとして、
20年野球現場で身体の使い方や怪我をしない動作に関して、ピッチング・バッティングを分析&指導。


< G5 SPORTSのプロ野球選手サポート実績 >
2009年:田中 俊太(横浜DeNAベイスターズ)
 
2011年:渡辺 諒(北海道日本ハムファイターズ)
 
2012年:松井 祐樹(東北楽天ゴールデンイーグルス)
 
2017年:赤間 謙(当時横浜ベイスターズ)
    鈴木 昂平(現オリックス・バファローズコーチ)
 
2019年:ハワイ自主トレ帯同(当時読売ジャイアンツ)
    菅野 智之、宮國 椋丞、中川 皓太、桜井 俊貴
    西 勇輝(現阪神タイガース)
    山田 修義(現オリックス・バファローズ)
 
2020年:東朋 大貴(当時オリックス・バファローズ) 等30名の選手。    
 

< コロナ感染対策に関して >
コロナ感染対策には十分にお気を付けください。
マスク着用、アルコール消毒、検温、うがい、手洗いなど、
各自、徹底頂ければ大変有り難いです。
 
なお、当日の会場も当社の取引先様のジムにて、
定期的な換気、空気除菌、定員10名までとし、
三密を回避した状況を整えて開催致します。 
 
 
▼ 今後のセミナー開催一覧ページ 
http://www.y-fit-pro.com/coach/category/seminar/ 
        
▼ 過去のオンラインセミナーで録画データ購入が可能なセミナーのご案内(計28セミナー)
http://www.y-fit-pro.com/blog_nishiguchi/category/cat265/
 
▼ トレーナーの独立起業を応援!&講師業を仕事にするための『ライプロ通信』
無料メルマガ登録 https://mail.os7.biz/add/rjhl
 
 
最後までご覧頂き、誠にありがとございます。
一人でも多くの方々の参加をお待ちしております。
 
一緒に、健康、運動、治療、医療、スポーツ業界の明るい未来を切り拓いていきましょう!

管理No:79673閲覧回数:74回この情報を印刷する

研修会詳細

主催
(株)ライフプロデュースジャパン
開催日時
< 開催日時(2022年) > 
2月13日(日)10:00~16:30

*同講師による他セミナー案内:1月30日(日)10:00~16:30

< 2日間での共通案内 >
・9:40受付、途中30分休憩ありの6時間セミナー
・2日間のうちで単発受講も可(むしろ大歓迎!)
開催地
〒501-6006 岐阜県岐阜市羽島郡岐南町伏屋2丁目17-1G5 SPORTS - ATHLETE TRAINING STUDIO -
・無料駐車場あり
・アクセス:
車:岐南インターすぐ、電車:名鉄岐南駅徒歩15分
講師
費用
< 受講費(税込) >
1講座:14,800円
*申込後に、振込み口座をご案内致します。 

2講座まとめて受講の場合、合算での振込可
(2講座:29,600円)
定員
先着12名限定
対象
・頸部、顎部の手技アプローチからパフォーマンスアップをさせていく考え方を修得したい方
・競技時の歯の食いしばり(咬合)、顎関節の変位に対する手技アプローチを修得したい方
・頚部筋の左右差、アンバランスを改善し、身体動作や出力をアップさせるアプローチを修得したい方
・スポーツ系の医療従事者、治療従事者
・スポーツ系のリハビリ、運動療法を担当している方
・野球トレーナー、スポーツ指導者
・アスリートのリハビリ担当者
・パフォーマンスアップの担当者
ホームページ
http://www.y-fit-pro.com/newseminar/entry/post-59/

お問い合わせ・お申し込み

< お申込みはコチラから >
https://ssl.form-mailer.jp/fms/3f0bcc1a716400
※上記URLより、お名前、ご連絡先などのご入力をお願い致します。

<参加に際しでのお問い合わせ>
お名前、お電話番号、ご用件を添えて、
y_fit_pro@ybb.ne.jp(担当:西口)
まで、ご連絡ください。

< 振込口座 >
お申し込み後、ご案内致します

このセミナー情報をシェアする

カレンダー

<< 2021年 12月 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

印が実施日です。

近日開催オンラインセミナー

もっと見る 省略する

協賛団体全団体はこちら

ページ上部へ戻る