理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が集うリハビリ情報サイト

PT-OT-ST.NET

学会研修会

New オンライン(WEB)
2022.05.13掲載

高齢者における呼吸リハビリのポイント〜病態・評価・介入を考える〜(14日間の見逃し配信付き)

呼吸リハビリは在宅分野においても一般的なものになってきました。

高齢者の方は呼吸器疾患のみならず、心不全、神経疾患、フレイルなどの状態の方においても呼吸器系の機能低下によりQOLの低下が認められます。

そのため、慢性期や在宅において高齢者に対する呼吸リハビリは重要なものとなってきています。

呼吸機能の低下は、易疲労性、筋量の低下、嚥下障害などのリスクを高め、患者の活動性低下や誤嚥性肺炎の可能性を高めます。

慢性期や在宅の高齢者の呼吸機能の低下は緩徐に進行するため、呼吸機能の状態やリスクの増加を把握しにくいと言う側面があります。

本セミナーでは、慢性期や在宅における高齢者の呼吸リハビリにおけるポイントについてご解説をいたします。

呼吸器機能低下の病態像
呼吸器機能低下と筋量低下、嚥下機能、ADLの関係
呼吸器リハビリの実際
などについて学べるセミナーとなっています。

【14日間の見逃し配信について】
※当日、受講できない方および受講された方の復習動画として後日視聴できる見逃し配信を行います。
※セミナー開催の翌日にお申込みをいただいたメールアドレスに見逃し配信のURLとパスワードを送付いたします。
※セミナー開催の翌日から14日間視聴可能となっています。


株式会社Work Shift 代表取締役/在宅リハビリテーション&ケアスクール 講師
高木綾一先生
理学療法士
認定理学療法士(管理・運営)
呼吸療法認定士
修士(学術/MA)(経営管理学/MBA)
関西医療大学 保健医療学部 客員准教授
国家資格コンサルタント(CDA)
リハビリテーション部門コンサルタント
医療・介護コンサルタント
たでいけ至福の園

リハビリテーション部門コンサルタントとして、医療機関、介護施設にコンサルタント業務を行っている。
クライアント先の理学療法士、作業療法士、言語聴覚士に対して臨床におけるアドバイスや指導を行い、リハビリテーションの質の向上を支援している。
また、現在、在宅リハビリテーションにも携わり、重症患者や終末期医療に対するリハビリテーションも提供している。
全国各地で、リハビリテーション技術や運営に関するセミナーも開催している。

管理No:81557閲覧回数:161回この情報を印刷する

研修会詳細

主催
株式会社Work Shift
開催日時
2022年7月15日 金曜日
開始:20:00 | 終了:22:00 | 開場:19:45
視聴・
支払方法
講師
高木 綾一氏(株式会社Work Shift 代表取締役/理学療法士)
費用
2,000円(クレジットカード決済のみ)
※クレジット決済後にpaypalよりメール送付される利用明細が領収書として使用可能
※税務署の指導にてクレジット決済の場合、当社の領収書は発行できません
定員
30名限定(申込先着順で定員になり次第締め切らせていただきます)
対象
理学療法士
作業療法士
言語聴覚士
鍼灸師
柔道整復師
トレーナー
ホームページ
https://horcs.com/archives/seminar_blog

お問い合わせ・お申し込み

このセミナー情報をシェアする

カレンダー

<< 2022年 5月 >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

印が実施日です。

近日開催オンラインセミナー

もっと見る 省略する

協賛団体全団体はこちら

このセミナーを見た人はこんなセミナーも見ています

ページ上部へ戻る