理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が集うリハビリ情報サイト

PT-OT-ST.NET

学会研修会

New 動画教材 資料有
2022.06.21掲載

新卒でも臨床で困らない運動器リハ「評価の基本」

YouTube動画で学ぶ「新卒のための評価の基本戦略」

この講座は、運動器リハ1年目~3年目くらいの方々を想定した内容です。
特に、臨床で「不安や悩み」を抱えていて、「自信がない人」にむけた内容です。
そんな「あなたの現状」を変える為に、大切なポイントをお伝えします。

有名なPTでもない僕に、なぜそれが出来るのか?
それは、あなたと同じような悩みを抱えて、それを乗り越えてきた経験があるからです。
僕の臨床1年目の「不安や悩み」は、上の画像に記載のとおりです。
クリックまたはタップすれば拡大できます。

あなたの「不安や悩み」と、同じものはありますか?
僕の1年目は、毎日毎日、これらの問題との戦いでした。
でも今は、確実に乗り越えています。

乗り越えた証拠と言えるか分かりませんが、
僕は今、個人事業主として開業して仕事をしています。
開業6年目です。

少しだけ、僕のPT1年目の話をさせて下さい。

僕は、新人時代、毎日自分に幻滅していました。
「リハビリのプロとして、価値を提供できていない」と感じていました。

あれこれ知らないことだらけ。
何から評価すればいいのか、全然分からない場合がある。
評価してみても、症状とどう関係しているのか分からない。
学んだことをやってみても、うまくできているのか分からない。
治療結果も安定しない。
治療手段も安定しない。
辛い思いをしている患者さんが、辛そうなまま帰っていく…

こんなにも非力な自分と出会ってしまった患者さんに、申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

患者さんは、僕のリハビリで「良くなる」と信じてくれているはずです。
患者さんの家族も、僕のリハビリで「良くなる」と信じてくれているはずです。
そんな、患者さん自身の「良くなりたい」という思い。
さらに、患者さんを大切に思うご家族の「良くなってほしい」という思い。
そんな数々の大切な思いを、僕は踏みにじっていると感じていました。

当然、表向きは「お任せください」のつもりです。
でも、本心は「期待にちゃんと応えられない…」でした。

そんな自分が情けなかったです。
僕のリハビリを、僕の家族が受けるとしたら、そんな最悪なことはないと思っていました。

だから、何が何でも、自分は変わらなければならない。
そう思っていました。
けれども、新しい知識や技術を学んでも、うまくいく気配がない…

今思えば、その原因は明確です。
学んだことに集中できていなかったです。
せっかく学んでも、ちょっとうまくいかなかっただけで、心が折れていました。
そして、すぐに諦めて、別の新しい知識や技術を求めていました。
そんなメンタルでは、何を学んでも一緒です。
患者さんに貢献できるわけがありません。

今の世の中、その気になれば何でも学べます。
そのどれであっても、あなたが徹底的に極めれば、必ず結果を出せます。
だから、はっきり言って、学ぶものは何でもいいのです。
あなたが、その道を極める強い意志があるかどうかです。

でも、「高度な知識」や「治療技術」は、相性があるのも事実だと思います。

例えば、触診。
僕は、そのセンスが無かったと思います。
センスと言うより、性格上、合っていなかったです。

皮膚の下にある見えない世界を、指先の感覚で把握する。
そして、それを根拠として、リハビリを展開する。
僕は今でも、そんな技術を持つ人をかっこいいと思います。

でも僕は、性格的に、自分を信じられない人間です。
鍵を閉めたか?
電気やガスを消し忘れていないか?
いつも気になって、再確認してしまう性格です。

患者さんの体に触れてみて、それっぽいものを感じたとしても、
「本当にそうなの?」という疑いが消えませんでした。
だから、評価が全然進みません。

「性格とか言ってないで練習頑張れよ」と言われてしまいそうですね。
でも、いくら練習したとしても、それは変わらなかったと思います。
触れたものが本当にそうなのかを確認することは、絶対に出来ないからです。

「これは○○かも」と思っても、
皮膚や皮下組織を切り開いて、事実かどうかを確認することは不可能です。
結局、「○○なのかもしれない」で終わってしまいます。

そのくらいの根拠だと、僕は確信を持って評価を進めることは出来ません。
そんな性格だから、しょうがないです。

だから僕は、「基礎知識」から土台を固めることを決心しました。
基礎知識は、多くの人がそうであると証明されているからです。

とは言え、論文ベースであっても、ケチをつけることはできます。
どんな論文に対しても、否定的な見解を持つことは可能です。
さらに言えば、所詮は一般論です。
その通りではない人がいることも分かっています。
でも僕は、「自分の感覚」よりも「基礎知識」を信じることが出来ます。
だから、「基礎知識」を選びました。

臨床での仮説の立て方は、人それぞれです。
でも、それでいいと思います。
僕は、その多様性を否定しません。
筋膜でも、関節運動学でも、運動連鎖でも、内臓でも、オーラでも、仮説の立て方は自由です。
でも、僕は「基礎知識」しか頼りにしていません。

これは僕の価値観に過ぎません。
でも、僕の過去と同じ「不安や悩み」のせいで自信が持てないなら、まず試して頂きたいです。

今、あなたの頭の中にあるはずの知識で、「不安や悩み」は解消できます。
「基礎知識なんて役立たない」と思っているなら、それは間違っています。

とは言え、先ほども申しましたが、何を学んでも結果は出せます。
学んだものを、徹底的に使いこなせるかどうか。
学んだものを、適材適所使い分けられるかどうか。
それだけです。

基礎知識ではない道を選んでも、間違ってはいません。
でも、あなたには無駄が多すぎます。
過去の僕がそうだったように…

率直に言います。
僕は、あなたの為に伝えたいのではありません。
あなたの患者さんの為です。

あなたの患者さん達は、
あなた個人の問題である「不安や悩み」のせいで、
「ちぐはぐなリハビリ」を提供されてしまっています。

難しい事なんてできなくても、患者さんには貢献できます。
それなのに、あなたは自ら、難しいほうへ迷い込みに行っています。
自分で迷路に入り込んでいって、心が不安定になって、リハビリが安定しない。
そんなリハビリを受ける患者さん達は、被害者です。
1日でも早く「より良いリハビリ」を受けて頂きたい。
そう思っています。

偉そうに言っていますが、これだけは誤解しないで下さい。
この思いは、僕自身の情けない過去があるからこその思いです。
既にお伝えした通りです。
僕の1年目は、患者さんに対して「申し訳ない…」というリハしか出来ませんでした。

辛い思いをしている人が、辛そうなまま帰っていく…
自分の力不足のせいで、全然貢献できている気がしない…
そんな自分と出会ってしまった患者さんに、申し訳ない気持ちでいっぱいでした。
患者さんや、患者さんの家族の大切な思いを、踏みにじってしまっていると思っていました。
僕のリハビリを、僕の家族が受けるなんてなったら、そんな最悪なことはないと思っていました。

そんな1年目の僕に、あなたの「家族」や「大切な人」のリハを、任せられますか?

自分を卑下したって、患者さんは何も変わりません。
反省は必要ですが、反省すれば済むものでもありません。
反省さえしていれば、1年目の僕みたいな人間に、あなたの大切な人を任せられますか?
あなたの答えは恐らく、「No」だと思います。

リハビリの主役は、患者さんです。
良いものも悪いものも、全ては患者さんに降りかかります。
僕も心は辛かったです。
しかし、そんな負のオーラにまみれたリハビリを提供されている患者さんが、一番の被害者です。

過去の僕がしてしまったことを、繰り返してはいけない。
患者さんには「思い」があって、大切な家族の「思い」もあります。
そんな「思い」をしっかりと受け止められるPTが増えて欲しいんです。

新人だから、患者さんの期待に応えることは難しい?
経験が少ないから、患者さんの思いに応えられない?
それは「思い込み」です。
「基礎知識」で、必ず達成できます。
過去の罪滅ぼしではありませんが、今の僕なら、あなたに伝えられることがあります。

あなたの患者さんに関わることが出来るのは、あなただけです。
だから、あなたの為になることをしなければなりません。
でも、僕が教えられることは限られています。
「基礎知識」で考えることだけです。

あなたが「特殊な知識」を重宝するなら、僕は何も貢献できません。
あなたの「不安や悩み」が、1日でも早く消えてくれることを祈るしかないです。

今の世の中、オンラインも普及して、いつでも・どこでも・何でも学べる世の中です。
有名な先生の講義も、有名な治療技術も、最新で高度な知識も、いくらでも学べます。
選んだ道を迷いなく進み続けられれば、あなたは必ず結果を出せます。
頑張ってください。

でも、あなたが今の自分を変える為に「基礎知識」を求めるなら、僕が必ずお役に立てます。
あなたと同じような「不安や悩み」を、僕は経験しました。
あなたと同じような「不安や悩み」を、僕は乗り越えました。
だから、あなたの「不安や悩み」は、「基礎知識」で解決できる自信があります。

1日でも早く、「患者さんの思い」を「自信を持って支えられるPT」になってほしいです。
1人でも多く、「患者さんの思い」を「自信を持って支えられるPT」になってほしいです。

もし興味があれば、少しの期間だけでも、一緒に頑張ってみませんか?
基礎知識を使って、あなたが苦手としている「評価」の土台を作り上げます。

◆申込方法◆
この案内ページにある「✉お問い合わせ・お申し込み」からお申込みください。
受講費用は無料です。

◆配信方法◆
YouTube動画のリンクを、お申込者にメールします。
(リンクをご存知の方しか動画を閲覧できません。ご了承ください)

◆スケジュール◆
申込み締切り 6月30日(木)23:59
第1回目動画 7月1日(金)20:00にメール配信予定
第2回目以降 第1回目動画配信時のメールに記載

◆その他ご案内◆
・1回あたり10~30分程度の動画です(予定)
・概ね3日に1回のペースで配信します(予定)
・全10回程度(予定)
・動画閲覧可能期間は、各動画の配信日から3日間です。
・配信後3日以内であれば、いつでも何度でも視聴可能です。
・このページの「資料」から、講座紹介用PDFをダウンロードできます。

運動器リハ基礎講座

管理No:82096閲覧回数:291回この情報を印刷する

研修会詳細

主催
運動器リハ基礎講座
公開日
2022.06.21
視聴・
支払方法
講師
費用
無料
定員
対象
学生~臨床3年目くらい
(臨床の「不安や悩み」で困っているなら、どなたでも)
ホームページ

お問い合わせ・お申し込み

このセミナー情報をシェアする

カレンダー

<< 2022年 7月 >>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

印が実施日です。

近日開催オンラインセミナー

もっと見る 省略する

協賛団体全団体はこちら

ページ上部へ戻る