理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が集うリハビリ情報サイト

PT-OT-ST.NET

学会研修会

New オンライン(WEB)
2022.06.21掲載

肩関節周囲炎のリハビリテーション 〜病態・機能解剖の理解から評価とアプローチまで〜

【割引情報】

9月15日(木)13:00まで早割中! メンバークーポン利用で最大25%off
臨床で多くの療法士が悩む【肩の痛み】。本講義ではその中でも代表的な「肩関節周囲炎」について、肩関節周囲炎の病態から、臨床に必要な肩関節の構造、機能解剖と評価方法、影響を与える筋群も含めたアプローチ方法までを、分かりやすくシンプルにお伝えしていきます。


<開催日時 - ZOOMオンライン開催 – >
Webで学べる臨床評価とアプローチ
「 肩関節周囲炎のリハビリテーション 〜病態・機能解剖の理解から評価とアプローチまで〜」

・第1回 9月29日(木)20:00〜21:00
「肩関節の機能解剖と評価・アプローチの方法」
・第2回 10月13日(木)20:00〜21:00
「肩関節の機能解剖と評価・アプローチの方法」




■ 講義紹介


【機能障害を残しやすい、肩関節周囲炎】

臨床現場で、患者様の「肩の痛み」に対して悩んだことはありませんか?
「肩の痛み」には様々な原因がありますが、肩関節周囲炎はその中でも非常に多く出会う疾患です。ですが、その回復は難渋することも多く、痛みや機能障害を残すこともよくあります。

実際、「肩関節周囲炎」というと

・自動運動、他動運動など、関節可動域が改善しない
・ADL動作や職業関連動作などの、必要な動作が行えない
・夜間痛や安静時痛というように、痛みが残存してしまう

というように悩むとよく聞きます。

肩関節に苦手意識を持つ療法士は多いと聞きますが、機能解剖と実際の評価を一つひとつ整理して繋いでいくと、介入方法も分かってきます。



【関節構造自体が評価を難しくしている】


肩関節周囲炎のリハビリテーションが難渋する原因は、まず肩関節の構造自体にあります。

よく言われるように、肩関節は「胸鎖関節」「肩鎖関節」「肩甲胸郭関節」「肩甲上腕関節」「肩峰下関節」から成る複合関節です。
その大きい可動域を維持するためには、各関節がそれぞれ動かせる機能を保ちつつ、その上で更に協調的な運動が必要になります。

このように肩関節は複数の関節で構成されているため、評価においても各関節で行う必要があり、これが評価と介入を難しくしている原因です。

そのため、肩関節周囲炎の適切なアプローチを行うには、その病態とともに、「肩関節の機能解剖」「各関節に対する評価方法」「評価に適したアプローチ方法」を知っている必要があります。

実際の臨床場面では、これらの基本的知識を元に評価を行い推論を立て、それぞれに適切なアプローチと自主訓練、生活指導等を行っていきます。



< 肩関節周囲炎のリハビリテーション 〜病態・機能解剖の理解から評価とアプローチまで〜 >
・第1回 10月5日(火)20:00〜21:00
「肩関節の機能解剖と評価・アプローチの方法」
・第2回 10月19日(火)20:00〜21:00
「肩関節の機能解剖と評価・アプローチの方法」



リハビリテーションカレッジ(リハカレ)は、臨床で療法士が活躍できるよう10年にわたって支援してきた『臨床教育機関』です。
リハカレは、療法士が臨床で『仮説→検証』の流れをスムーズにするために、様々なセミナーをご提供しております。



臨床場面で多く出会う肩関節周囲炎。よく出会う疾患だからこそ、しっかり評価と介入を行えるようになりたいものでもあります。
今回は、肩関節周囲炎の病態から、臨床に必要な肩関節の構造、機能解剖と評価方法、影響を与える筋群も含めたアプローチ方法までを、分かりやすくシンプルにお伝えしていきます。

新人療法士に限らず、中堅の方や肩の疾患に関わる方、基礎からしっかり学びたい方に受講をおすすめします。



<割引情報>
早割中のメンバークーポン利用で最大25%offになります!
是非あわせてご利用ください!
早割終了は 9月15日(木)13:00まで!



本講義は、開催から1週間後に当日の収録動画を1ヶ月間視聴出来るよう受講者に配信します。

移動時間や交通費を気にしなくて良いなど、オンライン研修は実はとても効率的です!
この機会に、自信を持って臨床が行えるよう、基礎からしっかり学んでみませんか?


■ セミナー詳細

内容:
第1回 9月29日(木)
「肩関節の機能解剖と評価・アプローチの方法」
1.肩関節周囲炎の病態
2.肩関節の機能解剖
3.胸鎖関節の評価・アプローチ法
4.肩鎖関節の評価・アプローチ法
5.肩甲胸郭関節の評価・アプローチ法

第2回 10月13日(木)
「肩関節の運動評価とポジショニング・自主訓練」
1.肩甲上腕関節の評価法
2.1st、2nd、3rdの評価とアプローチ
3.夜間痛へのポジショニング
4.自己トレーニングメニューの紹介

■講師
リハビリテーションカレッジ認定講師
作業療法士 加藤 淳

管理No:82110閲覧回数:140回この情報を印刷する

研修会詳細

主催
一般社団法人 国際統合リハビリテーション協会
開催日時
第1回:9月29日(木) 20:00~21:00
第2回:10月13日(木) 20:00~21:00

*質疑応答とアンケート回答の時間を含みます。終了時間は余裕を持ってご参加ください。
*受講者には当日の収録動画を、1週間後からご視聴いただけるように配信いたします。(1ヶ月限定)
当日の参加が難しい場合もご安心ください。
視聴・
支払方法
講師
費用
定価8,800円税込( 9月15日(木)13:00まで早割中! メンバークーポン利用で最大25%off)
定員
450名
対象
理学療法士、作業療法士、言語聴覚士
ホームページ
https://bit.ly/3tO5TFjPOS

お問い合わせ・お申し込み

このセミナー情報をシェアする

カレンダー

<< 2022年 7月 >>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

印が実施日です。

近日開催オンラインセミナー

もっと見る 省略する

協賛団体全団体はこちら

このセミナーを見た人はこんなセミナーも見ています

ページ上部へ戻る