理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が集うリハビリ情報サイト

PT-OT-ST.NET

学会研修会

New オンライン(WEB)
2022.06.23掲載

セラピストへ伝えたい アスリートの腰痛 診療のポイントと治療

【福島県立医科大学 加藤欽志 先生(医師)】 による腰痛のセミナー

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
『セラピストへ伝えたい アスリートの腰痛〜診療のポイントと治療』
講師:加藤欽志先生
(福島県立医科大学 整形外科学講座 講師 医学博士)
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

----------------------------------------------------------------------------------------------------
Zoomミーティングを使用した、オンラインライブ講義となります。
【 本セミナーでは参加登録者のみ30日間復習用動画無料配信が行われます 】
※アーカイブ動画視聴方法はセミナー終了後にPeatix内のメールにてご案内します。
※Zoom URL ID パスワードは、参加登録期間終了後にPeatix内のメールにてご案内します。
※パートナーシップ特典制度対象セミナーです。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------

「整形外科医のための脊椎のスポーツ診療のすべて」「脊椎のスポーツリハビリテーション 」(日本医事新報社)はじめ著書・論文多数、東北楽天ゴールデンイーグルスチームドクター加藤欽志先生 がProfessional Therapy Seminarsにご登壇されます。

<セミナー概要>
スポーツに関連する腰痛は決して稀ではなく、時に選手生命に関わる重大な障害となりうる。スポーツ関連腰痛は、機能的障害に起因することが多いが、時に器質的障害を伴うことがある。器質的腰椎疾患は、発育期と成人期ではその障害の種類が異なり、発育期である小・中学生では、未成熟な脊椎に加わる負荷により、椎弓・椎弓根の疲労骨折(分離症)が生じやすく、骨が成熟した高校生以降は、椎間板への負荷による腰椎椎間板ヘルニアなどが増加する。また、成人期以降では椎間板や椎間関節の退行性変化と長期間の反復ストレスにより、椎間関節の関節症性変化や脊椎症性変化が生じやすい。スポーツに関連する腰痛は保存療法が第一選択であり、スポーツ特有の動作を腰部への負荷を最小限にしながら遂行させることが要求され、他職種との連携が極めて重要である。本講演では、アスリートの競技復帰にむけた対応について、問診、身体所見の評価、画像評価、疼痛分析、治療方針の立案など、演者らの経験を中心に解説する。

本セミナーでは、アスリートの腰痛にフォーカスを当ててご講演して頂きます。

<本セミナーのねらい>
① 腰痛が出現する病態を理解することで、治療に反映させる知識を身に付ける
② 症例の訴える症状の要因は、「構造破綻なのか」それとも「機能破綻なのか」を見極めるために必要な論理思考の基礎を身に付ける
③ 症状改善に「何が重要なのか」、セラピストとして「どう対処すればいいのか」について考えるきっかけとする

運動器リハビリテーションに係るセラピストが本質的学習を行うために必見かつ臨床に役立つ講義です。

<当日の流れ>
・オープニング(19:00〜19:05)
・講義 加藤 欽志 先生(19:05~19:55)
・Q&Aセッション(19:55~20:00)
・司会 小野志操先生(弊社代表)

----------------------------------
講師
----------------------------------
 
加藤欽志 先生(福島県立医科大学 整形外科学講座 講師 医師 医学博士)

【ご略歴】
2003年 福島県立医科大学医学部 卒業 整形外科学講座入局
2004年 坂下厚生総合病院整形外科医員
2005年 福島県立医科大学大学院 入学
2007年 カリフォルニア大学サンディエゴ校留学
2009年 白河厚生総合病院 整形外科 医長
2010年 いわき市立総合磐城共立病院 整形外科 医長
2011年 福島県立医科大学医学部 整形外科学講座 助教
2019年 同講師 附属病院 リハビリテーションセンター 副部長兼任
2022年 同講師

【臨床専門領域】 
脊椎脊髄外科、スポーツ整形外科

【免許/資格】  
日本整形外科学会 専門医、認定脊椎脊髄病医、認定スポーツ医
日本脊椎脊髄病学会 指導医
日本スポーツ協会(旧 日本体育協会) 公認スポーツドクター
IOC Diploma in Sports Medicine (国際オリンピック委員会認定スポーツドクター)

【学会・その他】
The International Society for the Study of the Lumbar Spine (ISSLS) active member
日本整形外科学会 スポーツ委員会 委員
日本脊椎脊髄病学会、日本腰痛学会、日本疼痛学会、日本側彎症学会
日本内視鏡低侵襲脊椎外科学会、日本臨床スポーツ医学会、日本整形外科スポーツ医学会
『臨床スポーツ医学』(文光堂) 編集委員
東北楽天ゴールデンイーグルス チームドクター

【受賞歴】
2009年 福島県立医科大学医学部同窓会医学奨励賞
2013年 ISSLS Best paper award (国際腰椎学会 最優秀口演賞)
2013年 第11回整形外科痛みを語る会 最優秀演題賞
2014年 雑誌『臨床整形外科』年間最優秀論文賞
2016年 日本整形外科学会学術総会 優秀ポスター賞
2016年 日本脊椎脊髄病学会 アジアトラベリングフェロー
2018年 日本整形外科スポーツ医学会 English Oral 優秀賞
2022年 日本脊椎脊髄病学会 
English presentation award (Silver)

管理No:82127閲覧回数:79回この情報を印刷する

研修会詳細

主催
Professional Therapy Seminars
開催日時
2022年7月23日(土)19時から20時まで
視聴・
支払方法
講師
加藤欽志 先生(福島県立医科大学・医師)
費用
3,000円(消費税込)
定員
300
対象
腰痛のリハビリテーションに興味がある方
ホームページ
https://pts20220723.peatix.com/

お問い合わせ・お申し込み

主催団体

全登録研修会を見る

過去の研修会

2022.06.25(オンライン(WEB))
セラピストへ伝えたい スポーツ現場に即した 肩関節脱臼の実際
2022.06.23(オンライン(WEB))
橈骨遠位端骨折に対する臨床理学療法で大切なこと
2022.06.04(オンライン(WEB))
人工股関節置換術(THA)術後脱臼予防のための臨床理学療法
2022.05.28(オンライン(WEB))
セラピストへ伝えたい 人工股関節全置換術(THA) 〜基本から短外旋筋群の解剖まで〜
2022.05.26(オンライン(WEB))
肩峰下インピンジメントに対する臨床理学療法で大切なこと
2022.05.08(オンライン(WEB))
セラピストへ伝えたい 股関節の解剖を理解する 〜最新の研究から見えてきた治療戦略〜
2022.04.21(オンライン(WEB))
野球肘に対する臨床理学療法で大切なこと
2022.04.16(オンライン(WEB))
本質を伝えたい 肩関節疾患における臨床理学療法で大切なこと
2022.03.26(オンライン(WEB))
セラピストが知っておくべき肩関節の臨床解剖学
2022.03.24(オンライン(WEB))
変形性膝関節症に対する臨床理学療法で大切なこと
このセミナー情報をシェアする

カレンダー

<< 2022年 7月 >>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

印が実施日です。

近日開催オンラインセミナー

もっと見る 省略する

協賛団体全団体はこちら

このセミナーを見た人はこんなセミナーも見ています

ページ上部へ戻る