理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が集うリハビリ情報サイト

PT-OT-ST.NET

学会研修会

New オンライン(WEB)
2022.06.23掲載

【参加費無料・特別企画ナイトセミナー】 理学療法士の成長を真面目に考える!

【無料】【高田ゆい 先生】【小野志操 先生】 理学療法士向け 女性のキャリアアップ と 自己投資法

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
【特別企画ナイトセミナー・参加費無料】
『理学療法士の成長を真面目に考える!』
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

----------------------------------------------------------------------------------------------------
Zoomミーティングを使用した、オンラインライブ講義となります。
【 本セミナーでは参加登録者のみ7日間復習用動画無料配信が行われます 】
※アーカイブ動画視聴方法はセミナー終了後にPeatix内のメールにてご案内します。
※Zoom URL ID パスワードは、参加登録期間終了後にPeatix内のメールにてご案内します。
※無料セミナーです。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------

Professional Therapy Seminars より日頃のご支援に感謝の気持ちを込めて無料セミナーを開催します!

<セミナー概要>
演題①「女性理学療法士はキャリアと家庭を両立できるのか?」
演者:高田 ゆい 先生(なか整形外科京都西院リハビリテーションクリニック[理学療法士])
司会:堀内 奈緒美 先生(下鴨リハビリテーションクリニック[理学療法士])

 26歳で結婚をすると決めた時、私の周りには結婚しても活躍されている女性理学療法士がおらず、ロールモデルがありませんでした。女性の活躍促進や管理職の割合増加などを耳にする機会は増えましたが、まだまだ男性は外で稼ぎ、女性が中心になって家事や子育てを行うというのが世間の認識だと感じます。厚生労働省の調べによると、女性の就職率が高くなった現在でも20歳代前半で上がった就業率は、後半から低下していきます。理学療法協会も調べでも同様の結果になっています。
 なぜ女性理学療法士は仕事を続けることが出来ないのか、どうしてキャリアを積むことが出来ないのか。そこにロールモデルがいないことも大きくかかわっているのではないかと思います。私は現在35歳、臨床14年目で、小学2年生から1歳児の4人の母親です。まだまだキャリアが積めたわけでも、子育てがひと段落したわけでもありません。でも、これから結婚をされる方や子育てをしながら理学療法士としてのキャリアアップを目指したい方に私が実践している継続の仕方や生活の考え方など一例としてお伝えしたいと思います。

演題②:理学療法士のための資産形成と最強の自己投資法〜成長と将来への備えを両立する〜
演者:小野 志操 先生(運動器機能医科学インスティチュート [代表取締役・理学療法士])
司会:服部 隼人 先生(下鴨リハビリテーションクリニック[理学療法士])

 先日、顧問をさせて頂いている整形外科クリニックで理学療法士の皆さんの面談をさせてもらいました。このクリニックの理学療法士の皆さんはとてもモチベーションが高い印象を持っています。面談で出てきた共通の悩みは、理学療法士としての将来への不安でした。
「どうすれば成長できるのか?」「年齢を重ねたときに体力的に続けることができるだろうか?」「給与は上がるのだろうか?」
 厚生労働省「賃金構成基本統計調査」2020年(令和2年)によると、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士などの平均給与額は月額で約29万円。賞与などを加えた年収は約419万円です(平均勤続年数6.5年、平均年齢30歳代前半)。同じく厚生労働省「賃金構造基本統計調査」によると、理学療法士の生涯年収は約1億7千万円とのことです。これを安いとするかどうかは何と比較するかにもよりますし、個々で条件が異なると思います。ただ決して一般的な職業と比較して高い水準とは言えません。
 では、成長と将来の備えを両立させるためにはどうすればいいのか?
結論から言うと、身の丈にあった生活(倹約)をして、貯蓄と投資するということになります。なかでも私が強くお勧めするのは、しっかりと自己投資をして成長するということです。高いスキルを身につければ、必ずリターンがあります。そして身につけたスキルが暴落するということはありません。そうです、この自己投資はノーリスクなんです。今回のセミナーではその具体的な方法について私が実践してきた内容についてお話しさせていただきます。真面目に理学療法士とお金について考えてみましょう。

<本セミナーのねらい>
① 理学療法士として成長するために必要な考え方を知る
② 理学療法士としてどう努力するべきかの本質を理解する
③ 成長しながら将来に備えることについて考えるきっかけとする

<当日の流れ>
・オープニング(21:00〜21:05)
・演題① 高田 ゆい 先生(21:05~21:30)
・演題② 小野 志操 先生(21:30〜21:55)
・Q&Aセッション(21:55~22:00)

---------------------
演者
---------------------

高田 ゆい 先生(なか整形外科京都西院リハビリテーションクリニック)
・2009年 大阪医専 理学療法学科 卒業
・理学療法士
・運動器認定理学療法士
・整形外科リハビリテーション学会 触診技術検定合格(B)

小野 志操 先生(運動器機能医科学インスティチュート)
・1999年 平成医療専門学院(岐阜)理学療法学科 卒業
・2010年 畿央大学大学院 健康科学研究科 修士課程 卒業
・理学療法士
・運動器専門理学療法士、スポーツ専門理学療法士
・整形外科リハビリテーション学会 上級指導員(AA)

管理No:82129閲覧回数:304回この情報を印刷する

研修会詳細

主催
Professional Therapy Seminars
開催日時
2022年7月28日(木)21時から22時まで
視聴・
支払方法
講師
小野志操先生(運動器機能医科学インスティチュート),高田ゆい 先生
費用
参加費無料
定員
300
対象
女性療法士のキャリアアップ、療法士としてどのように成長し、資産形成するべきか、に興味がある全ての方向け。
ホームページ
https://pts20220728.peatix.com/

お問い合わせ・お申し込み

主催団体

全登録研修会を見る

過去の研修会

2022.06.25(オンライン(WEB))
セラピストへ伝えたい スポーツ現場に即した 肩関節脱臼の実際
2022.06.23(オンライン(WEB))
橈骨遠位端骨折に対する臨床理学療法で大切なこと
2022.06.04(オンライン(WEB))
人工股関節置換術(THA)術後脱臼予防のための臨床理学療法
2022.05.28(オンライン(WEB))
セラピストへ伝えたい 人工股関節全置換術(THA) 〜基本から短外旋筋群の解剖まで〜
2022.05.26(オンライン(WEB))
肩峰下インピンジメントに対する臨床理学療法で大切なこと
2022.05.08(オンライン(WEB))
セラピストへ伝えたい 股関節の解剖を理解する 〜最新の研究から見えてきた治療戦略〜
2022.04.21(オンライン(WEB))
野球肘に対する臨床理学療法で大切なこと
2022.04.16(オンライン(WEB))
本質を伝えたい 肩関節疾患における臨床理学療法で大切なこと
2022.03.26(オンライン(WEB))
セラピストが知っておくべき肩関節の臨床解剖学
2022.03.24(オンライン(WEB))
変形性膝関節症に対する臨床理学療法で大切なこと
このセミナー情報をシェアする

カレンダー

<< 2022年 7月 >>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

印が実施日です。

近日開催オンラインセミナー

もっと見る 省略する

協賛団体全団体はこちら

ページ上部へ戻る