理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が集うリハビリ情報サイト

PT-OT-ST.NET

学会研修会

New オンライン(WEB)
2022.11.11掲載

北出貴則プロデュース『ポジショニング・シーティング・トランスファー』スクール オンライン全6回コース!!Day2

“食事に関わるトータルな姿勢・活動へのリハビリ・ケア”~ベッド上の姿勢・移乗・車いす座位、歩行まで~

【セミナーの主旨】
現在、食べることへの支援は、食事介助や姿勢調整、口腔ケア、食事形態調整など、様々な取り組みがなされるようになって来ました。
食支援を行う際に、対象者全員が、食べられるようになるとは限りません
全身状態や疾患、重度の障害により、食べられない方も当然います。
しかし、食べる事難しい場合でも、対象者への尊厳やQOLを忘れてはなりません。
今回、食支援のためのトータルな姿勢・活動へのリハビリ・ケアと題して、セミナーを企画しました。
食事ケアは、食事介助や口腔ケアといった場面で捉えるのではなく、ベッドの寝姿勢から起きて移乗し、車いすに乗って食事するといった、トータル的に生活全体を見据え、対象者及び介助者(家族等)の状態を考慮した上で、より良い食事支援が提供できると考えます。
是非とも、この機会にセミナーに参加して頂き、食支援に関わる姿勢・動作の繋がりやトータルな視点、負担や疲労の視点、リハビリ・ケア技術が身につくことに繋がれば幸いです。


【セミナーのポイント】
◇食べることは、単に口から食べるだけでなく、全身を使う
◇食事に関わるトータルな姿勢・活動の繋がりが分かる
◇食事環境が、対象者の姿勢・活動、心理に及ぼす影響が理解できる
◇食事環境が、介助者に及ぼす影響を理解できる
◇食事に関わるポジショニング、トランスファー、シーティング、食事介助、歩行支援についての知識と技術を習得


【プログラム内容】
★Day2:【テーマ】:ベッド上の姿勢・活動を支援するポジショニング

開催日時:2022年12月8日(木):19:30―21:00(90分)
講師:永吉恭子(作業療法士)
●食事ができる準備を整える
●ベッド上の姿勢・活動に影響を与える要因を考える
●ベッド上での食事姿勢のポイント
※質疑応答およびディスカッション


★Day3:【テーマ】:食事を支援する移乗ケア

開催日時:2023年1月12日(木):19:30―21:00(90分)
講師:笠原聖吾(理学療法士)
●ユーザー視点で、快適な食事のための、環境・尊厳を考える
●評価の重要性〜食事提供場所・身体機能・移乗方法・意欲など〜
●場面と場面を繋ぐ、様々な移乗方法
●おざなりになりがちな、介助者の健康を護る視点
※質疑応答およびディスカッション


★Day4:【テーマ】:椅子・車いすの姿勢・活動を支援するシーティング

開催日時:2023年2月9日(木):19:30―21:00(90分)
講師:高本晃司(作業療法士)
●「目指すべき食べるための姿勢」とは?
●「食べやすい姿勢のポイント」とは?
●「何故そのポイントが大切なのか?」を体感しよう。
※質疑応答およびディスカッション


★Day5:【テーマ】:その人に合わせた食べることを楽しむための食事介助

開催日時:2023年3月9日(木):19:30―21:00(90分)
講師:藤澤美江(摂食嚥下障害看護認定看護師)
●「何かおかしい」は負担・負荷のサイン!しっかり観察して介助方法を考える
●栄養摂取か楽しみか、対象者ごとの食事をすることの目的と目標を考えて介入する
●一日の生活の中での食事を考えてチームで介入する必要がある
※質疑応答およびディスカッション


【講義詳細(予定)】
●自分が普段どのように食事をしているかは当たり前であまり考えないが、対象者が食べにくそう、上手に食べられていないと「何かおかしい」と感じる場合、その対象者は食事に対して何らかの負担・負荷がかかっている可能性があるサイン。
麻痺や姿勢の問題や、全身状態や環境の影響など様々なポイントの観察が必要になる。
●経管栄養は悪者というイメージがあるのか、家族は経管栄養の選択に消極的。寝たきりの方の延命目的であれば悪者になる可能性もあるが、必要な人には適切に選択されるべきもの。大切なことは、その人が食事を摂ることの目的とゴール。リハビリを強化しているのであれば栄養は必須であり、終末期の方であれば楽しみとしての食べることをサポートすべき。
●食事は食事場面だけでなく、一日の生活の中にも負担・負荷が存在する。リハビリや排泄動作などの活動や睡眠などの休息。それら全てが食べることに影響することを、チーム全員が共通認識として観察し介入していくことが大切。


★Day6:【テーマ】:食事場所へ移動するための支援(歩行等)とスクールまとめ

開催日時:2023年4月13日(木):19:30―21:30(120分)
※各講師交えてのディスカッションのセッションがあります
講師:北出貴則(理学療法士)
●食事するには移動が必要
●移動手段の状態・状況
●歩行等の移動の安定性と安全性
●移動補助用具(杖、歩行器等)の活用と誤用症候群
●食事することを考えた移動の支援(快適性と負担を考える)
※質疑応答およびディスカッション

◆セミナーは90分(講義:70~75分で、質疑応答とディスカッションを15~20分)



【講師のご紹介】
●永吉 恭子(ながよし きょうこ)先生/作業療法士
(作業療法士、福祉用具プランナー、在宅褥瘡予防・管理師)

現在、 株式会社アバンサール 社員教育・研修課 課長、訪問看護ステーション道 副所長
1994年国立療養所犀潟病院付属リハビリテーション学院作業療法学科卒業
姿勢・活動ケア研究会 副代表・事務局長
日本褥瘡学会評議員
日本褥瘡学会近畿地方会世話人
POTT(ポジショニングで食べる喜びを伝える)プロジェクト・研究会監事

「講師・発表等」
第10回日本褥瘡学会近畿地方会教育セミナー
第20回、22回、24回日本褥瘡学会学術集会シンポジウム、委員会企画に登壇

「執筆・他」
・「トータルケアを目指す褥瘡予防のためのポジショニング」 照林社 2018年10月
・「人に合わせた福祉用具のある環境作り」 福祉介護テクノプラス2014.4月
・「車いす座面へのアプローチ」 福祉介護テクノプラス2017.4月
・「車椅子での褥瘡予防の問題点とその対応策」 WOC Nursing 18年4月号 2018年
・「座位の可能性と限界」 リハージュVol.3 2018年10月
・「実践編 OTが考えるポジショニングにおける姿勢の見方と介入(重度障害者、終末期を中心に)」臨床作業療法第16巻6号
・「リハビリテーション専門職からみた基礎知識とアップデート」 WOC Nursing  2021年10月号




[定員]
30名

[対象]
病院・施設・在宅 
医療・介護・福祉職など

管理No:83884閲覧回数:138回この情報を印刷する

研修会詳細

主催
株式会社WinWin
開催日時
2022年12月8日(木):19:30―21:00(90分)
視聴・
支払方法
講師
永吉恭子,北出 貴則
費用
4,950円(税込)
定員
30
対象
[こんな方におすすめです]
病院・施設・在宅 
医療・介護・福祉職など


また医療、福祉、介護の現場では上司や同僚に気軽に話せない…
そんなお悩みを解消したいと思っている方!

施設・在宅・医療・看護・介護・ケアスタッフで、
興味あるすべての方!
ホームページ
https://winwin-japan.com/seminars/

お問い合わせ・お申し込み

主催団体

全登録研修会を見る

過去の研修会

2022.11.26(オンライン(WEB))
大渕倶楽部2022 Day.7
2022.11.25(オンライン(WEB))
【摂食嚥下、理論と実践】全6回シリーズ:オンラインセミナーDay6
2022.11.22(オンライン(WEB))
こころを通わせる 魔法の手!『優しく触れて伝わる・極上の口腔ケア』施設・在宅での実践 オンラインセミナー ~利用者・介助者双方にとって安心・安全・信頼を結ぶ口腔ケアで、お口が開けば世界が変わる!~
2022.11.17(オンライン(WEB))
『介護施設が求める歯科の関わり方』~福祉の施設経営者・介護業界のコンサルタント・法務の専門家と協同し蓄積したエンパシティックライフの取組み事例から学ぶ~3回コース・オンラインセミナー
2022.11.13(オンライン(WEB))
「食育を共に考えよう!」オンライン学習会
2022.11.13(オンライン(WEB))
『食べることが困難な子どもへの食事ケア』基礎から応用まで!3回シリーズオンラインセミナー
2022.11.13(オンライン(WEB))
『食べることが困難な子どもへの食事ケア』基礎から応用まで!3回シリーズオンラインセミナー
2022.11.12(オンライン(WEB))
WinWinオンラインセミナー 食べる事&出す事 腸の大切なお話
2022.11.11(オンライン(WEB))
PTママとSEマニアックの『これだけは言いたいウラ話』23
2022.11.10(オンライン(WEB))
北出貴則プロデュース『ポジショニング・シーティング・トランスファー』スクール オンライン全6回コース!!
このセミナー情報をシェアする

カレンダー

<< 2022年 11月 >>
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   

印が実施日です。

近日開催オンラインセミナー

もっと見る 省略する

このセミナーを見た人はこんなセミナーも見ています

ページ上部へ戻る