理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が集うリハビリ情報サイト

PT-OT-ST.NET

学会研修会

New オンライン(WEB)
2022.11.11掲載

集音技術で世界をリードするハッピーリス 『ごっくんチェッカー』製品お披露目会

 歯科往診・食事介助は「目と耳でよく観察」の声からうまれた『ごっくんチェッカー』音のプロフェッショナルが導き出した本製品と開発秘話を全公開!!【参加費無料】

【サブタイトル】
開発者の吉田理恵氏は、平成の初期に日本中に大流行したヒット曲「それが大事」で有名な「大事MANブラザーズバンド」のメンバーとして、キーボードを弾いていた。その後音楽家として得た音作りの経験と技術、持ち前の絶対音感と音響工学の知識を活かして音響センサーの特許発明をし、「ごっくんチェッカー」を開発!


【本プロダクツセミナーのポイント】
・試行錯誤の11年、『ごっくんチェッカー』開発の秘話を知る
・製品の特徴を学ぶ
・他にない製品の優位性が解る
・ユーザーの得られるメリットとその科学的根拠を理解する
・ごっくんチェッカーの今後の展望を知る

◆講師:吉田理恵
◆モデレーター :五島朋幸


【企画要旨】
平成の初期に日本中に大流行したヒット曲「それが大事」で有名な「大事MANブラザーズバンド」のメンバーとして、キーボードを弾いていた開発者の吉田理恵氏。
音楽活動の一環で、当時はまだ、コンサート会場のバリアフリー設備が一般的ではない中、それにもかかわらず、身体障碍者のファンが熱心に足を運んできてくれていたという。

なかには、難病に冒された子たちもいたり、最後には治らずに亡くなってしまった方などもいて、訃報を知った時はしばらくショックから立ち直れなかったという。
音楽の力で、病気や障がいを抱えたファンを励ますことは可能だった。しかし、治療が可能なのは医療だけ。その事実に激しく打ちのめされた。
吉田氏がそのときに思ったのは、自身はキーボードやシンセサイザーをやっており、その流れで音響工学も学んでいたことだった。その知識をいずれ活かして、病気の早期発見や治療に役立つ音響センサーを作りたいと思うようになったのが、この起業と製品開発の始まりです。
口腔嚥下のセンサー開発で6年、試行錯誤して誕生したのが『ごっくんチェッカー』。その後3年で「音なき音をきく」をコンセプトに『ごっくんチェッカー』で、誤嚥など音では聴こえない気管の圧を音に変換し、解析ソフトでの誤嚥・咽頭残留の可視化に成功。
この度、その音のプロフェッショナルである吉田氏が開発した『ごっくんチェッカー』の開発秘話から、その製品の最大の特徴、他にない製品の優位性、臨床現場におけるユーザーの得られるメリット、その科学的根拠を学び、日々の臨床の知識情報を得られる機会を提供したく思います。
是非、お誘いあわせの上ご参加をお待ちしています。


【講師紹介】
吉田理恵 先生
株式会社ハッピーリス 代表取締役 

4歳より音楽教育を受ける。1991年「大事MANブラザーズバンド」でファンハウスレコードよりメジャーデビュー。同年、CD「それが大事」が200万枚セールスとなる。以後、バンド解散後も作曲家としてアーティストへの楽曲提供、TBS、フジテレビの番組音楽、DHC、ヤマダ電機等の音楽を500曲程手がける。キーボードプレーヤー、編曲家、プロデューサーとしても長年スタジオレコーディングを行ってきた為、ほとんどの楽器構造原理とスタジオの音響原理を、知識だけでなく試験実践できる場を数多く与えられてきた。音響製品大手メーカーの開発コンサルティングも務める。

<言語聴覚機能の研究>  
ボイストレーナー歴24年で、25000回以上の個別トレーニングをする中、個々の骨格、筋力、声質と併せた声の倍音やかつ舌音声の出方のケースを数百通り把握。

【モデレーター】
五島朋幸 先生
歯科医師

1991年日本歯科大学歯学部卒
1993年日本歯科大学歯学部歯科補綴学教室第1講座助手
1997年訪問歯科診療に取り組み始める
2003年ふれあい歯科ごとう代表
博士(歯学)

日本歯科大学附属病院口腔リハビリテーション科臨床准教授
日本歯科大学東京短期大学歯科衛生士科講師
東京医科歯科大学非常勤講師
慶応義塾大学非常勤講師
新宿食支援研究会代表

1997年よりラジオ番組「ドクターごとうの熱血訪問クリニック」(全国13局で放送)パーソナリティーを務める。2017年より「ドクターごとうの食べるlabo~たべらぼ~」(FM調布)パーソナリティーを務める。


著書
「死ぬまで噛んで食べる 誤嚥性肺炎を防ぐ12の鉄則 」(光文社新書)、「訪問歯科ドクターごとう1: 歯医者が家にやって来る!?」(大隅書店)、「口腔ケア○と×」(中央法規)、「愛は自転車に乗って 歯医者とスルメと情熱と」(大隅書店)、「食べること生きること ~介護予防と口腔ケア~」(北隆館)(監修・著)、「誤嚥性肺炎予防のための口腔ケアと腸管免疫の重要性」(オーラルケア)など

管理No:83887閲覧回数:154回この情報を印刷する

研修会詳細

主催
株式会社WinWin
開催日時
2022年12月10日 (土)/19:00‐20:30 
視聴・
支払方法
講師
吉田理恵
費用
無料
定員
30
対象
[こんなかたにおすすめです]
施設・在宅 
医療・看護・介護・ケアスタッフ
食支援に興味あるすべての方
ホームページ
https://winwin-japan.com/

お問い合わせ・お申し込み

主催団体

全登録研修会を見る

過去の研修会

2022.11.26(オンライン(WEB))
大渕倶楽部2022 Day.7
2022.11.25(オンライン(WEB))
【摂食嚥下、理論と実践】全6回シリーズ:オンラインセミナーDay6
2022.11.22(オンライン(WEB))
こころを通わせる 魔法の手!『優しく触れて伝わる・極上の口腔ケア』施設・在宅での実践 オンラインセミナー ~利用者・介助者双方にとって安心・安全・信頼を結ぶ口腔ケアで、お口が開けば世界が変わる!~
2022.11.17(オンライン(WEB))
『介護施設が求める歯科の関わり方』~福祉の施設経営者・介護業界のコンサルタント・法務の専門家と協同し蓄積したエンパシティックライフの取組み事例から学ぶ~3回コース・オンラインセミナー
2022.11.13(オンライン(WEB))
「食育を共に考えよう!」オンライン学習会
2022.11.13(オンライン(WEB))
『食べることが困難な子どもへの食事ケア』基礎から応用まで!3回シリーズオンラインセミナー
2022.11.13(オンライン(WEB))
『食べることが困難な子どもへの食事ケア』基礎から応用まで!3回シリーズオンラインセミナー
2022.11.12(オンライン(WEB))
WinWinオンラインセミナー 食べる事&出す事 腸の大切なお話
2022.11.11(オンライン(WEB))
PTママとSEマニアックの『これだけは言いたいウラ話』23
2022.11.10(オンライン(WEB))
北出貴則プロデュース『ポジショニング・シーティング・トランスファー』スクール オンライン全6回コース!!
このセミナー情報をシェアする

カレンダー

<< 2022年 11月 >>
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   

印が実施日です。

近日開催オンラインセミナー

もっと見る 省略する
ページ上部へ戻る