理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が集うリハビリ情報サイト

PT-OT-ST.NET

学会研修会

New オフライン(対面) ピックアップ
2023.01.25掲載

【完全攻略】変形性股関節症の病態解釈と運動療法

股関節OA保存、 僕らができることは?

【内容】
変形性股関節症は骨形態異常に伴う不安定症により、疼痛と機能障害が生じ、関節の変形が進行していく。しかし、実際の臨床では骨形態の異常とその症状は一致しないことも多く見受けられる。疼痛の要因としては、関節の形態異常だけでなく、軟部組織の要因も着目されており、運動療法にて症状が軽減する症例も多く経験する。今回、変形性股関節症の病態解釈、進行度に合わせた治療戦略と運動療法の一例をご紹介させていただきます。

【 key word 】
・手術か保存かの線引き
・手術が遅れて起きるデメリット
・セラピストが保存できることは?
・股関節伸展ストレッチは控えるべき?
・術後に痛みが残るケース
〜隣接に潜んでいる問題要素〜

管理No:84836閲覧回数:277回この情報を印刷する

研修会詳細

主催
想千Group
開催日時
3月18日(土)15時〜18時半まで
開催地
〒537-0012 大阪府大阪市東成区大今里3丁目20ー27Aria今里駅前ビル3階
大阪メトロ 今里駅】 3番出口から徒歩30秒
講師
小坂健二,城谷将輝
費用
6000円+税
定員
10人
対象
どなたでも
ホームページ

お問い合わせ・お申し込み

このセミナー情報をシェアする

カレンダー

<< 2023年 2月 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    

印が実施日です。

近日開催オンラインセミナー

もっと見る 省略する

このセミナーを見た人はこんなセミナーも見ています

ページ上部へ戻る