理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が集うリハビリ情報サイト

PT-OT-ST.NET

学会研修会

New オフライン(対面)
2024.02.12掲載

SMART ストレッチリリース講習会【徳島】

マッサージでもない。ペアストレッチでもない。 SMARTストレッチリリース

  • 激しい運動後、身体の中では炎症が起こります。 炎症に伴い、身体の中(皮膚と筋肉、神経等をつなぐFasciaと呼ばれる層)の粘性が増します。 身体の中のサラサラした液体がネバネバして、動きにくくなるイメージです。

  • また、運動不足の人の身体の中でも、 同様に粘性が増すことはあります。 例えば、デスクワーク中の不良姿勢で長時間負荷の加わっている背中や、圧迫が続くお尻・もも裏(ハムストリングス)などは、脱水によってネバネバ性が増してきます。

  • このネバネバした状態は、特定の筋肉の伸びを悪くするだけではありません。 隣り合った筋肉や腱まで広範囲にネバネバの中に取り込まれてしまうと、本来の筋肉の働き自体が邪魔されてしまうのです。 本来別々に働くはずの筋肉が一塊になってしまい、お互いに足を引っ張ってしまう状態です。

  • ストレッチリリースは、動きの悪くなった部分への圧迫とストレッチを組み合わせ、ネバネバによって粘りついた組織を解放(リリース)する手法です。

SMARTが提供するストレッチリリースはmobilization with movement (動作を伴うモビライゼーション)と呼ばれ、
腱炎などの慢性反復性ストレス障害に有効とのエビデンスがあります。(https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/29705077/)
マッサージ、ペアストレッチでは改善できない特定部位の可動性を高めるアプローチであり、リハビリテーション、コンディショニングに 有益かつ親和性の高いアプローチです。
スタッキングポイントと呼ばれる、筋と筋の間で硬くなりやすい(粘性の高まりやすい)部分の中でも、身体のメカニクスにおいて、通常硬くなりやすいトコロを厳選し、その部位に対して動きや感覚を改善して、円滑な動作を促す手法を習得します。
●講習内容
座学(ストレッチリリース理論、Fascia概論)
下半身伏臥位(下腿、ハムストリングス、膝窩、殿部、足底)
下半身側臥位(下腿内側、膝、股関節屈筋、腰部)
下半身仰臥位(伸筋支帯、前脛骨筋、腓骨筋、膝、内転筋)
ペアストレッチ(ハムストリングス、梨状筋、股関節、腰部)
上半身側臥位(上肩部、胸筋、前鋸筋、菱形筋・肩甲挙筋、後部ローテーターカフ、肩甲骨)
上半身オプション(手根伸筋、手根屈筋、手部)
ペアストレッチ(胸椎伸展、胸椎回旋、僧帽筋/棘上筋)
実践の流れ
※主に実技中心で行いますので、動きやすい服装をご用意下さい。

管理No:90482閲覧回数:295回この情報を印刷する

研修会詳細

主催
SMART TOOLS JAPAN
開催日時
2024年5月26日(日)9時30分~16時30分
開催地
〒779-1101 徳島県阿南市羽ノ浦町中庄池ノ上69-1岩浅接骨院羽ノ浦院
駐車場あり
講師
中川 篤
費用
16,500円(税込)
定員
20名
対象
18歳以上で身体のコンディショニングに興味のある全ての方
ホームページ
https://lifedesignlab.info/smart/stretch-release/

お問い合わせ・お申し込み

◆お申込み
https://lifedesignlab.info/stretch-release-schedule/
◆お問い合わせ
smart.tools.plus.japan#gmail.com
(お手数ですが、#を@に置き換えてください。)
*受講の方へのご連絡も上記メールアドレスよりお送りしています。
 こちらのメールアドレスの受信指定をお願いいたします。

このセミナー情報をシェアする

カレンダー

<< 2024年 2月 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829  

印が実施日です。

近日開催オンラインセミナー

もっと見る 省略する

情報提供

ページ上部へ戻る