理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が集うリハビリ情報サイト

PT-OT-ST.NET

学会研修会

New オフライン(対面) ピックアップ
2024.04.03掲載

【名古屋】上肢、肩甲帯の評価とアプローチ〜動作改善へつながるバイオメカニクスと姿勢制御を学ぶ〜

実践的な上肢帯への徒手介入によるアプローチをバイオメカニクスや姿勢制御の観点から実技ベースで学びます。1~5年目までの療法士にオススメ

上肢、肩甲帯の評価とアプローチ
〜動作改善へつながるバイオメカニクスと姿勢制御を学ぶ〜

【概要】
今回のテーマは肩甲帯、上肢の評価及び介入に特化した勉強会となります。
上肢機能とは、食事、整容、着脱衣、書字などの日常生活の大半に関与してくる精緻な運動スキルにとって非常に重要な基礎となります。
その中でもリーチ動作は目標物への手の移送を行うために必須の動作であるため、我々セラピストにとってセラピー対象となることが多いのではないでしょうか。
リーチ動作は、体幹や肩甲帯を含む上肢全体の基礎的機能が協調して活動することによりその運動を効率よく行うことができ、そこには筋骨格系の要素に限らず、様々な神経機構によって制御されているため、運動系制御に問題を抱える対象者の場合、問題点や課題設定を明確にすることに難渋しやすいところでもあります。
また、肩甲帯周囲の不安定性は歩行を含むADLにも大きく影響すること、末梢の巧緻運動を保証する安定性が必要なこと、OTやPTに関係なく上肢にトラブルを抱えている対象者に出くわす頻度が高いことなど、上肢機能の評価・治療を適切に行う事は重要となります。
そこには関節可動域、筋力、筋伸長性、体性感覚、随意運動、協調性、姿勢制御など様々な身体機能が複雑に混じり一つの動作となります。
いずれも重要であり、そしてそれらを理解し臨床場面に結びつけるためには、リーチ動作の構成要素や疾患特異性を知っておかなければより良いアプローチとなりません。

そこで今回は、最新のバイオメカニクスを基にした肩甲帯と上肢機能の深い理解を目指し、より実践的な技術を習得し臨床スキルを次のレベルへ引き上げることを目的に開催することといたしました。
本講習会では、肩甲帯と上肢機能のバイオメカニクスい焦点を当て、対象者の身体機能を根本から理解し、より効果的な治療計画を立案するための知識を深めます。
また、姿勢制御の重要性についても考慮し、対象者の日常生活における動作改善へとつながる洞察を学びます。

講義で得た知見から実技のセッションとしては、reach outの動作を改善するための肩甲骨と体幹への介入技術や肩甲上腕関節、肘関節へのアプローチ方法に重点を置き、実際に手を動かしながら学ぶことで、効果的な技術の習得をすすめます。
内容は分かりやすく噛み砕いて説明いたします。
どの実技内容でも必ずスタッフが周るように準備しています。
オフライン勉強会では直接臨床につながる知識の習得や介入の考え方を学んで欲しいと感じています。
知識ベースに出来るだけ内容を噛み砕いて説明しますので、初学者や上肢機能に対する知識に自信のない方でも安心して参加できる内容を予定していますので興味がある方はぜひご参加下さい。
一緒に学び、成長し、リハビリテーションの未来を切り拓きましょう。

【タイムスケジュール】
10:00-11:30 講義
11:40-12:40 休憩
12:40-16:00 実技

【講義について】
講義は10時から11時30分までを予定しています。
10:00-10:45 肩甲帯、上肢のバイオメカニクス(担当:森)
10:45-11:30 肩甲帯、上肢の評価と臨床的解釈(担当:大上)
また、講義部分はオンラインセミナーとしても行うハイブリッド形式となりますので、オフライン参加者は当日開催場所にてご受講下さい。開催後一ヶ月間の見逃し配信も行います。

【実技について】
実技は講義終了後に1時間程度の休憩を挟み、その後より行います。
動きやすい服装でお越しいただくか、更衣室が御座いますのでそちらで着替えをお願いします。

【開催要項】
日時:令和6年7月14日(日)10:00-16:00
場所:自費リハビリ施設 カラダの先生(名古屋駅より徒歩5分)
受講費:8,800円(税込)
定員:20名(先着)
講師:森佑大(カラダの先生代表、TMPリハビリテーション研究会代表)
申込方法:HP内の申込フォームよりお申し込みいただけます。

【復習用動画あり】
これまでは撮影等は全てNGとしておりましたが復習用に見かえしたいという声が多数ありましたので、今回は弊社で撮影した動画の配信という形で復習用の動画視聴を行います。
「参加したはいいけど、どうやってやるんだっけ?」「どういう順番でやる?どこを触る?」など、後から振り返る作業も学習には必要です。
ご参加いただいた方のみの限定配信になりますので、ぜひご視聴下さい。
当日撮影後、動画の編集作業がございますので、配信は開催日の1-2週間後となりますことご了承下さい。
配信期間は配信開始日から一ヶ月間となります。

管理No:91316閲覧回数:1252回この情報を印刷する

研修会詳細

主催
TMPリハビリテーション研究会
開催日時
2024年年7月14日(日)10:00-16:00(受付開始:9:30)
開催地
〒453-0801 愛知県名古屋市中村区太閤1-1-14自費リハビリ施設 カラダの先生(高橋ビル5階)
名古屋駅より徒歩5分
講師
費用
8,800円(税込)
定員
20名
対象
PT、OT、柔道整復師、トレーナー、運動やハンドリングに興味のある方など
ホームページ
https://karadanosensei.jp

お問い合わせ・お申し込み

主催団体

全登録研修会を見る

過去の研修会

2024.04.24(オンライン(WEB))
【オンライン】入浴動作のバイオメカニクスと動作分析を学ぶ〜またぎ動作と洗体動作の特性を理解し介入へつなげる〜
2024.04.21(愛知県)
【名古屋】脳卒中片麻痺者の歩行の見方と運動療法~動作観察から徒手介入へつなげる〜
2024.04.17(愛知県)
変形性膝関節症に対する評価と介入アプローチ〜膝関節を立体的に捉えた評価と介入の実践〜
2024.04.11(愛知県)
上肢基本ハンドリング勉強会【全6回コース】
2024.04.10(オンライン(WEB))
【オンライン】日常生活動作のバイオメカニクスと動作分析を学ぶ6ヶ月コース
2024.04.03(オンライン(WEB))
【オンライン】基礎から学べる!リハビリテーションの考え方
2024.03.27(オンライン(WEB))
【オンライン】脳卒中片麻痺患者の歩行動作分析
2024.03.13(オンライン(WEB))
【オンライン】2回コースで学ぶ脳卒中片麻痺患者の姿勢動作分析
2024.02.28(オンライン(WEB))
【オンライン】3回コースで学ぶ脳卒中片麻痺患者の姿勢動作分析
2024.02.21(オンライン(WEB))
【オンライン】上肢機能獲得に向けたリーチ動作の評価と考え方〜リーチ動作における加齢の影響と生涯発達からリーチ動作を知る〜
このセミナー情報をシェアする

カレンダー

<< 2024年 4月 >>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    

印が実施日です。

近日開催オンラインセミナー

もっと見る 省略する

情報提供

このセミナーを見た人はこんなセミナーも見ています

ページ上部へ戻る