理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が集うリハビリ情報サイト

PT-OT-ST.NET

トピックス

2020.01.16

介護事業経営概況調査、通所リハ、通所介護、訪問リハに影響

介護報酬改定の影響を調査する「令和元年介護事業経営概況調査結果」が公開されました。多くの介護サービスにおいて収支差率が低下した傾向が伺えます。全介護サービスの収支差率の平均は3.1%となっています。

過去に財務省が介護サービスが一般の中小企業に比較して高い収支差率であることを指摘し、一般の中小企業の並(+2〜3%)の収支差率が意識され改定が行われたと推測されます。

また、通所リハビリ(△2.6%)、通所介護(△2.2%)は収支差率を大きく低下させています。前回の介護報酬改定では、通所介護や通所リハビリの役割を明確化させた改定となり、時間区分の見直し、加算等の内容が見直されました。その影響が収支差率に表れたものと思われます。なお、改定に対応が出来た事業所と、出来ていない事業所によっても収益性の明暗が別れたようにも思います。

調査内容については令和元年
介護事業経営概況調査結果をご参照ください。


6.png


22222.jpg
 

48.png


引用:令和元年度介護事業経営概況調査の概要|厚生労働省
関連タグ
通所リハビリテーション 訪問リハビリテーション 通所介護 介護報酬改定2021
PT-OT-ST.NET:LINE公式アカウント「最新ニュースをLINEでお届け」友達追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

もっと見る 省略する
ページ上部へ戻る