「治療院、施術所等で実施すると医療法違反」「理学療法士全体に多大な悪影響」注意勧告

 日本理学療法士協会は、理学療法士が障害のある者に対して、基本的動作 能力の回復を目的に、運動療法、物理療法を提供する行為は、自ら開設した治療院、施術所等で実施する場合は医療法違反になり、このような法律違反が理学療法士全体に多大な悪影響を与えると「JPTANEWS」10月号、12月号にわたって注意を促した。最近では、理学療法士が自費にて施術所等を開設し活動する事例が増えており、そららに対して日本理学療法士協会は「理学療法士が開設した施術所等は医療提供施設にあたらず、理学療法を行った場合は医師の指示があったとしても医療法違反になる、一部の理学療法士による法律違反が理学療法士全体に多大な悪影響を与えることに対して、法律に反する行為は厳に慎むように」と注意を促している。

関連記事
日本理学療法士協会 会報誌「JPTA NEWS」
理学療法士の周りの法律「気をつけよう」(21) 

 

最新トピックス

2017.10.17
2017.10.13
2017.10.12
2017.10.11
2017.10.02
2017.09.28
2017.09.27
2017.09.23
2017.09.22
2017.09.21

カテゴリ最新トピックス

2017.09.22
2017.09.07
2017.06.22
2017.06.27
2017.06.21
ユーザーID(メールアドレス)
パスワード
会員の方ログイン


(希望する場合はチェックしてください)

会員登録をする
ユーザーID(メールアドレス)
パスワード
会員の方ログイン


(希望する場合はチェックしてください)

求人掲載会員登録
  • 養成校情報ご登録
  • バナー広告お申し込み

PT-OTネット twitter

運営者プロフィール

友清 直樹

友清 直樹(ともきよ なおき)

PT-OT-ST.NET代表
 理学療法士

理学療法士や作業療法士、言語聴覚士の情報交換、学術的な情報交換や受験、資格取得の受験情報も豊富。