理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が集うリハビリ情報サイト

PT-OT-STネット

トピックス

2017.03.10

厚生労働委員会「リハ専門職に求められる役割が大きい」と老健局長が答弁

  3月9日、参議院厚生労働委員会にて、理学療法士である小川克巳参議院議員が大臣所信に対する質疑を行った。その質疑の内容は「地域包括ケアシステム」の進捗状況と課題、とりわけ専門職の活用について、また、「地域共生社会」の実現、介護予防への行政の介入に関して塩崎厚労大臣ほか政府の見解を求めるものであった。

 塩崎厚生労働大臣からは、「縦割りをやめて個々人の抱える様々な課題を『丸ごと』、『我が事』のように共有し、支え合える町づくりをするという理念に基づき、それぞれの地域に合ったテイラーメイドの仕組みづくりを進めていく」と回答している。また老健局長からはリハビリテーション職の活躍に期待する旨の答弁があった。

 政府は、一億総活躍社会づくりが進められる中、福祉分野においても、 パラダイムを転換し、福祉は与えるもの、与えられるものといったように、「支え手側」と「受け手側」に分かれるのではなく、地域のあらゆる住民が役割を持ち、支え合いながら、自分らしく活躍できる地域コミュ ニティを育成すことのできる「地域共生社会」を実現するため「我が事・丸ごと」地域共生社会実現本部を設置している。その「地域共生社会」におけるリハビリテーション専門職への期待が小川克巳議員の質疑からも感じることが出来る。

 

関連タグ
リハニュース
最新ニュースをLINEでおとどけ「LINE@友達追加」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

この記事を見た人はこんな記事も見ています

ページ上部へ戻る