理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が集うリハビリ情報サイト

PT-OT-ST.NET

トピックス

2017.08.06

養成校カリキュラム 総単位数の8単位増を提案 臨床実習の在り方も議論|厚労省

 厚労省は第1回理学療法士・作業療法士学校養成施設カリキュラム等改善検討会を開催。議題には「総単位数の見直し」「臨床実習の在り方」「専任教員の要件」が検討事項として挙がっている。

 総単位数については、高齢化や地域包括ケアシステムの構築など、社会環境の変化に応じるには必要なカリキュラムを追加するべきとの考えから、現行93単位から8単位増の101単位を提案。また、臨床実習指導者は現行の「免許を受けた後3年以上業務に従事した者」から「免許を受けた後5年以上業務に従事した者であり、かつ必要な研修を受けたもの」への変更案が示された。

 

関連資料:第1回 理学療法士・作業療法士学校養成施設カリキュラム等改善検討会(厚労省HP)

     資料2.検討事項(PDF:314KB)

 

 1708012141281.png

 

01801214140.png

 

0101214148.png

 

170801214201.png

 

0170801214228.png

関連タグ
リハニュース
最新ニュースをLINEでおとどけ「LINE@友達追加」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

もっと見る 省略する
ページ上部へ戻る