理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が集うリハビリ情報サイト

PT-OT-STネット

トピックス

2017.09.27

臨床実習のトラブル対策へ 厚労省が外部評価の導入を検討

 専門学校教員の松崎氏が行っている、理学療法士の臨床実習に対する学生アンケート調査で約6割の学生が「不当な待遇と感じた」と回答。Twitterでリハビリ未来会議(@reha_future)が行ったアンケートも同様の結果でした。この現状を受け、厚生労働省は6月に専門家による検討会を設け、パワハラ等の対応策として養成施設への外部評価導入など指導体制の見直しに乗り出すとしています。

 現在進められている理学療法士・作業療法士養成校カリキュラム検討の中でも、実習調整者の配置、養成校教員の学生の複数回の面談、帰校日の設定などが意見として挙げられている。臨床実習の在り方検討により、少しでもトラブルが回避される環境作りが期待される。

 

  

関連サイト:理学・作業療法士学生、指導役と相次ぐトラブル 養成課程・実習環境、見直しへ(毎日新聞HP)

 

070925221227.png

line.png

 

関連タグ
リハニュース

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

この記事を見た人はこんな記事も見ています

ページ上部へ戻る