理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が集うリハビリ情報サイト

PT-OT-ST.NET

トピックス

2022.04.25

当事者が語る「失語症の日2022」オンラインイベント開催【アーカイブ配信】



失語症の日制定委員会は、「失語症の日(4月25日)」に合わせてオンラインイベントを開催。2022年は「意思疎通支援と社会参加」をテーマに、当事者の声や、言語聴覚士による意思疎通支援事業に関する対談セッションが企画された。

企画の運営などを担うNPO法人Reジョブ大阪は、3年目の「失語症の日」広報資金を集めるためにクラウドファンディングに挑戦。その中で、失語症の当事者の方々が「失語症の日」に登壇する意義についてメッセージを伝えている。

当事者たちが失語症の日に登壇

言葉の障害は目に見えません。だからこそ、こちらもどう助けていいか分からず「見えない障害」とも言われています。見えないままだと分からないまま。なので、まずはとにかく知ってもらうこと、失語症のある人の話を聞くことが大事だと、私たちは考えました。

できるだけ多くの人に見てもらいたい。知ってもらいたい。知ってさえもらえたら、色んな人が色んな立場でできることってあると思うんです。

そうしたら、失語症の人も社会参加できるようになるでしょう。失語症のある方、支えたい方、両方から社会を変えていきましょう。

引用:世の中を一度ずつ変えていく! 3年目の「失語症の日」広報資金を集めたい!より


イベントの様子は5月22日まで期間限定で、YouTubeアーカイブにて配信中。

「失語症の日」を通じて、多くの方が失語症についての理解を深めて、失語症者への支援が広まり、失語症者自身の社会参加が進むことが期待される。




「失語症の日」が4月25日に決定!

2020.02.13

引用・参考:
失語の日制定プロジェクト 公式サイト
世の中を一度ずつ変えていく! 3年目の「失語症の日」広報資金を集めたい!(GoodMorning HP)

関連タグ
失語症 言語聴覚士 日本言語聴覚士協会
PT-OT-ST.NET:LINE公式アカウント「最新ニュースをLINEでお届け」友達追加

この記事が気に入ったらいいね!しよう

もっと見る 省略する
ページ上部へ戻る