理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が集うリハビリ情報サイト

PT-OT-ST.NET

主催団体情報

Chlinical Manual Therapy

当団体では、限られたセラピストだけが施術できる技術を提供していません。これまで体系化されたきた治療が弱点としてきた”万人が共通して使える技術”をお伝えしています。
 それは、臨床経験豊富なベテランセラピスト、経験年数の少ないセラピスト、新人、学生でも必ず効果が出る仕組みになっております。


 それはなぜか・・・?


 答えは解剖学・生理学・運動学・物理学に則った方法でクライアントを診ることを教えているからです。



 ヒトに共通した普遍的な原理原則に基づいたアプローチを行います。




 それは、医療に携わる者であれば共通している言葉を用いており、時にはより咀嚼した内容でお伝えすることもあります。



 当団体では、他のどのセラピストにも負けない技術力を持ったセラピストを育成することを理念としております。



 特に理学療法士業界で言えば、質より量を重視した結果、技術力・知識も無いままに現場で四苦八苦している療法士が大勢います。
なんとなく言われた通りにやればよい・・・
分からないけど、とりあえずやってみる・・・
失敗しても自分の責任じゃないから・・・


 あなたやあなたの家族がそんな思いを持った人にリハビリや治療を受けたいと思いますか・・・??



 今、求められているのは確実に結果を出すスキルです。理論や根拠だけではありません。しかし、そこに”誰かだけが出来るスキル”があってはいけません。


 そして、全てのセラピストが自身を持って「あなたを良くしてあげたい」と寄り添う気持ちが無ければ、治療は成立しません。



 確実に、効果が高く、短い時間で、持続した効力のある治療技術をお伝えするにはそのセラピストが正しい努力を正しい方向に向かって行わなければなりません。

 当団体の代表はこれまで様々な経験をしてきました。他のセラピストが到達しえないほどの努力を時間と投資を継続して得られたものを結晶化させて、皆さんにお伝えしたいと考えております。



 私は関わる全てのセラピストの前にいる患者さんを笑顔にすることをミッションとしております。自分だけでは達成しえない、日本に暮らす多くの悩みを持った患者さんを笑顔にするためには皆さんの力が必要です。

 なにか直感でも良いです。学びたいと思われた方はぜひ、当団体の門を叩いてみてはいかがでしょうか。


Clinical Manual Therapy 代表  古田 宏幸

閲覧回数:702回

ページ上部へ戻る