理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が集うリハビリ情報サイト

PT-OT-ST.NET

トピックス

2020.06.29

遠隔リハビリで合併症防ぐ、京セラと東京医科歯科大学「ウェアラブルシステム」を共同研究

京セラと東京医科歯科大学は、血中酸素飽和度などのバイタルデータを取得することのできる、ヘッドセット型ウェアラブルシステムを共同で研究し、2020年5月中旬より、東京医科歯科大学による臨床研究の準備を開始した。

同システムは、ヘッドセットを装着すると骨伝導で音が聞こえる仕様となっており、患者は遠隔サポートする理学療法士などから指導を受け、運動療法などを実施する。適宜適切なタイミングで介入が実施されることによる血栓症など合併症予防が期待される。


遠隔リハビリテーションの実現を目指した、今回のヘッドセット型ウェアラブルシステムの臨床研究。今後は、ヘッドセットを小型化することで、自宅などで療養中の患者に活用することも視野にある。

新型コロナウイルスの影響により、外出自粛に伴う活動量の低下、身体機能の低下が懸念される中、遠隔リハビリテーションによる課題解決に向けた動きが加速している。


引用・参考:「ウェアラブルシステム」の共同研究について (京セラHP)
関連タグ
遠隔医療 リハニュース 大学研究 新型コロナウイルス
PT-OT-ST.NET:LINE公式アカウント「最新ニュースをLINEでお届け」友達追加

この記事が気に入ったらいいね!しよう

もっと見る 省略する
ページ上部へ戻る