理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が集うリハビリ情報サイト

PT-OT-ST.NET

トピックス

2018.09.12

「外食をいつまでも楽しめるように」言語聴覚士がメニュー監修


嚥下障害があっても外食を楽しめるように、茨城県言語聴覚士会とレストランチェーン「すぎのや」がメニューを共同開発、今月から提供を開始した。

日本言語聴覚士協会によると、STがチェーンレストランと共同で嚥下食のメニューをつくるのは初めて。茨城県言語聴覚士会の草野義尊会長は「食べられればいいという時代から、食べたいものを食べられる時代にしていかないといけない。メニューが定着すればさらに増やしていきたい」と話す。
(引用:朝日新聞デジタル


今回の言語聴覚士監修メニューは「刺身 和食 定食」「和食ハンバーグ定食」の二つ。前日までに予約が必要とある。いずれはメニューが定着し、予約なしでも「ふらっと立ち寄って食べられる」気軽さが増すことに期待が高まる。


関連タグ
リハニュース 言語聴覚士 嚥下 企業
最新ニュースをLINEでおとどけ「LINE@友達追加」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

もっと見る 省略する
ページ上部へ戻る