理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が集うリハビリ情報サイト

PT-OT-ST.NET

トピックス

2022.04.04

【PT協会】国家試験の適切な出題と質保証を要望

日本理学療法士協会は3月31日、令和4年2月20日に実施された第57回理学療法士国家試験における不適切問題数の増加について、改善を求める要望書を厚生労働省へ提出した。

要望書では、「第57回理学療法士国家試験問題において、採点除外等の取扱いにした問題が12問、全体の6%を占めており、また過去10年の国家試験と比較しても、不適切問題数は2倍以上」と指摘。

不適切問題数の増加について、「国家試験の厳正・公平な実施の根幹を揺るがしかねないものであり、理学療法士の社会的な信用や質の低下を招く恐れとともに、国民の医療・保健・福祉の増進に多大なる影響を及ぼす可能性があると危惧している」と言及。

国家試験の質を担保するうえで、理学療法士国家試験の試験問題の作問や評価・改善に資する適切な方策を講じることを要望した。





引用・参考:
1)【要望書提出】理学療法士国家試験の適切な出題と質保証について(日本理学療法士協会HP)
2)第57回理学療法士国家試験及び第57回作業療法士国家試験の合格発表について(厚生労働省HP)

関連タグ
日本理学療法士協会 国家試験
PT-OT-ST.NET:LINE公式アカウント「最新ニュースをLINEでお届け」友達追加

この記事が気に入ったらいいね!しよう

もっと見る 省略する
ページ上部へ戻る