理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が集うリハビリ情報サイト

PT-OT-ST.NET

トピックス

2017.03.01

豊島区、「混合介護モデル事業」「初回アセスメント強化事業」等で高齢化への対策推進

 東京都豊島区は平成29年度予算案重点事業の中で、介護保険サービスと、家事などの保険外サービスを組み合わせる「混合介護」を、国家戦略特区制度を利用して実施する方針を示している。サービス提供の仕組み作りに予算約600万円を計上。実現すれば、豊島区が「混合介護」を導入した全国初の自治体となる。

 また、豊島区は新たな支えあい・共生社会づくりの基盤を強化として、初回アセスメント(利用者が抱える問題点と解決すべき課題の把握)時にリハビリテーション専門職が同行する「初回アセスメント強化事業」も新規で100万円の予算計上をしており、実現すれば東京都23区初のモデル事業となる。

 

資料:豊島区 平成29年度予算案重点事業(PDF)

 

70212125600.png

 

201222616.png

 

21021125836.png

201021230003.png

 

01712131119.png

関連タグ
リハニュース
最新ニュースをLINEでおとどけ「LINE@友達追加」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

もっと見る 省略する
ページ上部へ戻る