理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が集うリハビリ情報サイト

PT-OT-ST.NET

トピックス

2019.07.30

「住民主体の通いの場」の推進 リハ職の関与やインセンティブ活用


7月19日の「一般介護予防事業」をめぐる検討会にて、介護予防の更なる推進を目指した中間報告の骨子案が提示された。

同検討会では、介護予防への参加を促すためポイントを付与する取組を更に推進することが論点となった。

現在、介護予防事業への参加を促すためポイントを付与する取組が推進されているが、取組を行う市町村は約25%となっている。そのような現状を踏まえ、ポイントを付与などの更なる推進や有償ボランティアなども「インセンティブ交付金」等を活用し推進することが検討された。

効果的な介護予防を実施する上で、医療関係団体や医療機関との連携や、リハビリテーション専門職や看護師等が通いの場へ定期的に関わることも重要であると考えられている。専門的な知見を活用したプログラムの実施等、具体的な連携方策について更に検討を進め、地域リハビリテーション活動支援事業の更なる活用を促すことも提案されている。

厚生労働省は、この中間報告書の骨子を取りまとめ、具体的な対応を進める方針。

引用:第3回一般介護予防事業等の推進方策に関する検討会:令和元年7月19日(金)
https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000202420_00022.html0
一般介護予防事業等の推進方策について
中間取りまとめ骨子案



39b6978fa723db2e4078e9983cb21fb8.png


2dca7aefa6f0837a58f9b44a55fa109e.png


12d9b8ff764c5edbd8af4141008f7f93.png
関連タグ
リハニュース 通いの場 介護予防
最新ニュースをLINEでおとどけ「LINE@友達追加」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

もっと見る 省略する
ページ上部へ戻る