理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が集うリハビリ情報サイト

PT-OT-ST.NET

トピックス

2019.02.01

すべての人の移動を楽しくスマートに WHILLが提案


車椅子ユーザーや高齢者など、移動に困る人たちの1つの悩み事として、交通機関の乗り継ぎが挙げられる。

新型WHILLは、ICTを駆使した自動運転機能、周囲を見渡すステレオカメラ、センサーなどを搭載することによって、乗車する人のところへの無人走行、また乗車後に次の交通機関まで移動するわずかな距離を安心・安全につなぎ課題解消を目指す。

動画では、施設内や空港で交通機関同士をつなぎ、スムーズで快適に移動する姿が描かれている。



この開発によって、WHILL株式会社は、新型WHILLがMaaS事業の一環を担うことを提案している。

MaaS事業とは、総務省が提唱している次世代の交通手段のことで、ICT、IoTを駆使し、人の移動を最適化するために様々な移動手段を活用し、利用者の利便性を高める取り組み。

今後、新型WHILLが更に進化を重ねることで、年齢、障害の有無に関わらず、誰もが安全でスムーズな移動手段が確立される未来はそう遠くはないかもしれない。



参考:MaaS事業(総務省HP)
         WHILL株式会社 2019.2.1プレスリリース

関連タグ
車いす リハニュース 次世代 MaaS事業
PT-OT-ST.NET:LINE公式アカウント「最新ニュースをLINEでお届け」友達追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

もっと見る 省略する
ページ上部へ戻る